English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

ベテランの先生に学ぶ

今年は、仕事上で、なにかとベテランの先生とご縁があるなぁと、思っていたのですが、今日もベテランの先生と一緒に研修をする機会に恵まれました。研修終わって帰ってきて、ビールを飲んで一人お疲れ様会。研修の事を反芻しつつ、いやあ~~ベテラン先生のレッスンって凄いな~~とつくづく脱帽しております。

 

今日は研修かー。やだなもー。

朝は、もう、めんどい気持ち120%で居りました。いや、今朝だけじゃなくて昨日も一昨日も、研修の準備しなきゃいけないから、それが面倒でブーブー言っておりました。やっとこさっとこ最低限の準備をして研修へ。

いいや、研修だし。そこまでちゃんと準備しなくてもさー。

と、私もそこそこ年取ったベテラン風なので、余裕をかまして行ったわけです。

 

その場に到着して初めて一緒に研修をうけるメンバーが分かります。今日は、まだ年数の浅そうな先生二人と私とベテランの先生二人、計五人でした。前回もご一緒させていただいた大ベテランの先生、再び!(笑)本当に今年は当たり年です。前回は、こんなベテランの先生とペアワークをするなんて!!ととても緊張しましたが、今回は、実際のレッスンを見立てて模擬レッスンをする日なので、そのベテランの先生のいつものレッスンをのぞける絶好の機会!と急に研修のモチベがアップいたしました。

 

そして、もう一人のベテランの先生ですが、私が最近とてもお会いしたかった先生だったのです!おーーー!!!先生に会えるなんて!!!ラッキーすぎる!!!とテンションこれまたアップ(笑)。今日にして良かったー!と心の中でガッツポーズ。

 

なぜ私が、このベテラン先生にお会いしたかったかというと、私の生徒さんがこの先生の事を大絶賛していたからなのです。通常のレッスンに来れない場合は「振替レッスン」があるのですが、その振替先の先生がこのベテラン先生でして、振替から帰ってきてからそれはもう大大大絶賛だったんです。

 

あの、これって、講師としては結構イタイんですよね。

だって、そうでしょう?

私のレッスンがいたらなくてホントゴメン…。って気持ちになります。

 

その生徒さんがどれだけ感動していたかというと、先生がおっしゃった事、全て再現して私に報告してくれたくらいなんです!(笑)書き残したノートも見せてくれました!本当に、めっちゃ感動したのがヒシヒシと伝わってきたんです。

 

私はあまり生徒さんのフリートークの間に文法を指摘して話を止める、という事はしません。間違っていたら、私がさりげなくリフレーズして、正しい言い方を伝える、という方法をとります。会社の方針としてもこういう方向ですし、とにかく色々な事を話してほしい!委縮しないで声を出してほしい!と思うからです。

 

でも、その先生は結構、細かく間違いを指摘してくれる!適当にしゃべってたらダメだ!って思った!と。先生(私)は、すごい優しいんだなーーって思った!と。

 

それぞれの先生にはそれぞれの良さがあるし、生徒さんにも好みがあるから、優しい先生が良い、厳しい先生が良い、色々あると思います。なので、別に私が絶対にもっと厳しくするべきなんだ!とは思いませんでしたが、ちょっと心に引っ掛かったことがあったんですよね。

 

レッスンとして習う部分に関しては文法チェックは厳しくするけれど、フリートークでは励ます気持ちの方が強すぎて、相手の印象に残るように「正しい言い方」を伝える事が出来ていなかったんじゃないかな。それって、「ちゃんとネイティブと渡り合えるレベルになりたい」って思って来ている生徒さんの要望に全然応えられてない状況だよね?と。

 

その後、試行錯誤しながら、優しさと厳しさの調整を試みていたのですが、やっぱりそんなに厳しくは出来ないのです。そのベテラン先生はきっと独自の厳しさで生徒を惹きつけている先生なんだろうなー。きっとそもそものキャラがビシッとした先生なんだろうなー。私にそういう教え方は向いてないよなー。とレッスンする度に考えていました。お名前は知っていたけれど会った事の無い先生でしたので、想像するより他なかったのです。

 

その先生が研修に!!!自己紹介でお名前を聞いた時、小躍りしました。

そこにいらっしゃる先生は、私が想像していたビシビシ先生では全くありませんでした。私なんかよりも、もっと物腰が柔らかくて、その場で一番のベテランであろうと思われたのに、全然そんな雰囲気もなく、若い先生と普通に接している、気のいいおっちゃんみたいな先生…。

 

うわぁぁぁ。どういうことだ?

 

生徒さんから聞いていた印象と全然違うのに面喰いながら、先生に私の生徒さんがどんなに先生の授業に感銘を受けていたかお話させてもらいました。で、私の中であれこれ考えつつ答えがなかなか出なかった指導法について、質問させてもらいました。

 

先生、フリートークの時、どんな風に生徒の話にコレクションかけてますか?

 

先生「みんなに話してもらってから、最後に「誰がここ間違ってた」とか言わずに、「みんなが間違えそうな言い方だから気を付けるように」という形で、その日に出た間違った表現を紹介してコレクションをかけてるよ。これは、間違ったらダメ!というものをね。例えば、レベルが3の人たちなのにレベル1の人が習うような文法を間違えてるとかね。フリートークでも修正しとくよ。特に英語を仕事で使うとかね、そんな時にちゃんと使えないとダメだものね。」

 

f:id:funkeystomusic:20180913071336p:plain

うわぁー…。

もうすごい納得。反論の余地なし。

うん。そういうのが凄い良いレッスン!!!

先生は決して俺についてこい!的な「厳しい先生」では全然なくて、とっても物腰柔らかく、でもしっかりキッチリ「ためになるレッスン」を提供している先生なんだ。

あぁぁ。もう感動です。

どんなに厳しくやってんだよ?と思ってたのに、そんなんじゃなかった。先生に直接お会いして雰囲気から話し方から英語の調子から色々感じることができて、先生の生徒さんへの接し方も想像ができました。

今日は研修行って良かったー\(^o^)/

 

二人のベテラン先生の模擬レッスンは、そりゃーもう、めっちゃ分かりやすくて頭に残って、はーーーーー、あざーーす!!!って感じでした。終わってからみんなで(トレーナーの先生も)良いレッスン有難うございましたっ!てパチパチ拍手したくらい。同じテキストを使っても、こんなにレッスンにレベルの差が!!!と再確認した1日でした。

 

また今日から自分のレッスン見直していこ!

ベテラン先生半端ないわ!

次に自分が目指すところとして目標に据え置こうと思います!

 

前回の研修 

www.funkeys-english-music.com