English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

来年度のスケジュールを考え始める時

毎年、11月くらいから次の年度のスケジュールを考え始めます。ほぼフリーランス?なので働き方は自分で決めます。来年度は、どれくらい働こうかな?最大どれくらい働けるのかな?と考えます。家計を支えているわけではないので「どれくらい稼がなければならないか」は考えなくてよいので有難いです。

 

昔は、いっぱい稼ぐ、ちゃんとした会社で働く、偉い地位に就く、といったようなことを達成する自分を思い描いて、とにかく頑張りたい!という気持ちがあったように思います。「最近、めっちゃ仕事忙しくて~~!」とか言いたかったし、言っている人を見ると「わー。すごいなー!」と思っていました。

 

今は、そういう思考回路はすっかりなくなりました。自分のキャパと上手に折り合いをつけることが最大の幸せにつながる、と実感しています。自分が出来る範囲を超えた事はやっぱり出来ないし、なんとかやろう!やろう!と頑張っている間がとても苦しいからです。

 

そういう風に、自分の出来る仕事量を計算してちょうどよい仕事環境を作れるかどうかが、1年間の幸せにつながるのです。そして、毎年、この時期にその「ちょうどよい」を探っています。結構、いつも悩みます。私の場合キャパが小さくて大風呂敷は広げられないので、取捨選択が大変なのです。

 

この時期に、会社の方からも「来年は、どれくらい働きますか?」みたいなアンケートがきます。それと合わせて個人で教えている分の仕事を調整するわけですが、なかなかうまい案が浮かばない。今年度は、ちょっともうパンパンに入りすぎていた感があったので来年度は少し減らしたいのですが、どこを減らしたらいいのか…。

 

英語の講師として再び働きだしたのは10年くらい前ですが、当時、全然仕事が無かったんですよね。民間の講師は、夜のお仕事がメインになるわけなんですが、我が家は「夜に子供を置いて母親が外に出るとかナシ!」と旦那に言われていましたので、全然働けなかったんですよね。昼間に、主婦のレッスンが週に2コマくらい。1週間で130分くらいしか働いていませんでした。1日130分ちゃうよ。1週間130分だよ。(笑)

 

これでは、どうにもならん!と家で近所の子達を夕方教えるようになりました。これも、近所のママ友にメールでお知らせして集まった数人。10人居なかったよね。とにかく、いつも「もっとお金稼ぎたいなー」「もっと働きたいなー」と思っていました。

 

それから毎年少しずつ仕事が増えたんですが、「仕事がきたら有難い!!」という思いがずーっと心に残っていて、もうこれ以上は増やせない!という状況でも「せっかく、声をかけてくれたのだから、やらせてもらおう!」と引き受けてしまう、という事がつづきました。で、忙しくなりすぎてパニックになって働き方を変えたわけですが、まだ、どっかに「仕事があると有難い」というのが残ってるんですよね。なかなか、断れない…。しっかり仕事量を管理する事が大切!と重々承知しながらも、頂けるオファーにノーと即答はできない。

 

会社の仕事はもうすでに最低限しかやってない。けれど、結構準備が大変なレッスンを担当しているので、なかなか疲労度合いが強い。

 f:id:funkeystomusic:20181109145733j:image

結構難しい内容の時は、パラグラフごとにサマリーを作って、それを引き出すための文言も考えて、質問されそうな所をおさえて、スピーチが上手く作れるよう語彙と表現を広げる算段をして…。こういう作業、楽しいんですけど、でも疲れます。時間に追われてると特にね。

 

 家で教える方は、来年度は、高校生になる生徒さんが多い。これも不安材料…。ずっと習っている生徒さんたちが高校生になっても続けたい、と言ってくれるのは、とても有難い!!反面「めっちゃ大変そう…」という思いが頭をかすめるわけです。

高校生になると、習う内容も複雑になり、かつスピードが速くなる、という事で「積み残し」が大量発生するわけですが、その積み残した「混乱した情報」を見極めて、適切に指導する(短時間で)には、下準備が命になるわけで、やっぱり疲労度がかなり強い。

f:id:funkeystomusic:20181109145740j:image

こういうプリントの嵐になるよねきっと…。

 

と、すこしゲッソリしているわけです。

 

まあ、あと2~3年もしたら、暇になる気がしているのですが。定期的に安定して仕事があるわけじゃないですからね。うっすらと、ずっと仕事がある、ってのが理想なんだけど。

 

3年先の話は、まあ置いといて、まずは来年度、どうしようかな。

まだしばらく悩みそうですが、なんとか幸せにつながるスケジューリングをひねり出したいです。なんか良い案ふってこーい。