English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

仕事納めと来年に向けて

昨日で、今年のレッスン全て終了!お疲れ!自分!大きな会社で働いているわけでもなく、すごいプロジェクトを遂行してるわけでもないけど、自分の能力最大限で毎日仕事をしているので、「あー!今年も頑張った!」という思いで一杯であります。

 

結婚する前も後も、結局「講師」という仕事しかしたことがないのですが、働き方はドンドン変わってきています。少しずつ自分に良いようにカスタマイズしながら(カスタマイズせざるを得んという状況が多かったですが(笑))仕事の仕方を変えてきた、という感じです。

 

結婚前は、塾でフルで働く。という形。夕方4時頃出勤して夜中に帰ってくるという生活でした。その頃は、英語以外も教えていたなぁ。ひどい授業だったろうなぁ。(遠い目)。個人経営の塾でしたので、講師としてだけでなく受付やらスケジューリングやら、あれもこれもやっていました。結構大変だったと思うんだけど、若かったし、塾長も上の先生もなんか「お父さん」的な家族のような感じでしたので、ぶっ壊れることもなく毎日普通に働いておりました。

 

結婚して退職。住む場所もガラッと変わり、新しい土地での子育てが始まりました。それがひと段落して「ちょっとでも働こう!」と再就職活動。子供は小2でした。無事、英会話スクールの講師に決まりました。でも、講師業は基本、夜のお仕事…。第一の壁にぶつかりました。旦那に猛反対されたんですよね。私のやりたい仕事は英語を教える事、でもその仕事は夜である。もしくは土日の昼間。旦那はそういう「子供が家にいる」時間帯に「母親」が家に居ない、という事に激しく抵抗があったようです。

 

旦那に反対されながらでも自分のやりたいようにやる!という形が良い結果を生むとは思えませんでしたので、何とか折り合いをつけようと模索しました。スクールからもらっていたオファーを全部断り、代わりに平日の昼間のオファーを下さい!と要望を伝えました。

人事「ほとんどオファーないと思いますけど良いですか?」

私「はい…。」

 

頂いたオファーは1週間で2コマ。労働時間、週に130分。しかも1コマずつ別日のレッスンでした。しかもめっちゃ遠い。片道1時間ちょいかかるスクールへ、80分のレッスンの為に毎週通いました。往復の時間の方がレッスン時間より長い…。なんていう効率の悪さだ。

 

でも、なんとか、家族と折り合いをつけながら、講師業をスタート!収入は雀の涙だったけどとりあえず好きなお仕事が出来る!というのが嬉しかったです。だって旦那には「わざわざそんな時間に働かなくても仕事はいっぱいあるだろう?レジ打ちとか近所でいっぱいあるだろう?」って言われてたから。私がレジ打ちなんて仕事したら、そのレジは長蛇の列だよ??そういうのすごい下手なんだから。

 

無事に1年を終え、2年目。残念な事にオファーが減りました。なんと週に1コマ。労働時間週に50分。ひえ~~。これはさすがに無いわ!!でも私がわがままを言って時間指定してるのだからしょうがないんだよね。さてどうしよう?

 

初年度、スクールではティーチングの指導がガッツリありました。そこで「こうやって教えるのかー!」と色々学ばせてもらっていたわけです。この指導がなかったら、「人に教える」という事がどういう事か全く分からないままだったよな、と今でも感謝しています。以前働いていた塾ではこういった指導は一切なかったので。今考えたらテキトーだったよなぁ。。。

 

ティーチングのスキルをある程度仕込んでもらったことで、「自分で生徒を募って教えてみよう」という気持ちが芽生え始めました。広告とか営業とかは苦手で、大したプランもないまま、周りのママ友に「英語教えます。興味のある方はメール下さい」みたいな短いメールを送りました。数も20人いなかったような?

 

でも、ちょうど「英語をやろうかな」と思っている年頃の子供のママばかりでしたから、ポロポロ返信があり、無事、週に2コマくらい家で教えることになりました。スクールでの労働時間と合わせて週130分。1年目と同じだけ教えられることになりました。一応、私的にノルマ達成!←レベルひくい

 

3年目、更に遠いスクールでのレッスンスタート。片道1時間半。あー。でも、レッスンがあるだけ有難い!と頑張っていました。このころになると、人事からもらう仕事の他に、スクールから直接頼まれる仕事が増えてきました。プライベートで10回だけとか、新しいレッスン開講したいから担当してほしいとか。気が付けば、4コマ一気に教えたりしていました。

 

4年目、会社内で教材開発の仕事の募集があり応募しました。レッスンを考えるのが大好きなのだから、きっと開発は楽しいはずだ!と思っていました。無事採用され、オフィスでの仕事が始まりました。ティーチングもスクール、家のレッスンともに少しずつ増えてきて、なんだかかなり忙しくなってまいりました。

 

5年目、忙しさマックス。ぶっ壊れました。(笑)

あっちもこっちも、断り切れずに膨れ上がる仕事。

結局、年度の途中でギブアップ。

どの仕事も少しずつ減らしてもらい、なんとか乗り切った形。

オフィスの仕事は、契約も切れましたし、続けたい気持ちも全くなかったし終了。

 

6年目、ティーチングだけになり楽になりました。もちろん収入は減りましたが、最初の年に比べれば随分もらえていましたので、まあ良し。そして7年目、8年目とスクールでのレッスン+家でのレッスンでまあまあバランスよくやっておりました。

 

そして9年目。家でのレッスンの生徒さんのほとんどが中学生に。3年生が多く、私立に通う子もおり、準備が大変な事に。人数はたいしてとっていませんが、一人一人完全にカスタマイズしてますので、毎回プリントの作成や教材準備がエンドレスで続いていく~。テストの前の準備時期は更に業務が倍増。ひえ~~~。久々に「助けて~~~」状態に陥りました。

 

イマココ!

 

さて。来年どうしよう。自分のやりたいこと、やれること、心と体、の事を考えました。すぐに容量が一杯になっちゃうからね私は。家でのレッスンは最優先で頑張っていきたい仕事だという事はハッキリしていました。家の生徒さんは本当に「私の生徒さん」ですからね。スクールの生徒さんは、どんなに距離が近くても「スクールの生徒さん」。私の好きなように教えることは出来ないし、勝手なアドバイスも出来ません。でも、家の仕事は近い将来ゼロになる可能性が高い。だって、学校を卒業しても英語を習っとこう!と考える人はほとんどいませんから。家の仕事一本にするのは勇気要るなぁ。

 

そしてもう一つ優先したいもの、1年ほど前に始めたこちらのブログ。ここに記事を書くことも大好きで、優先順位高いもの、としてランクインしてきています。いつかこちらのブログを通して、なにか仕事ができると良いなぁとも思うようになってきています。時間をかけて育てていきたいなぁと。

 

となると、スクールのレッスンを辞める、完全に一人で稼いでいく、という選択肢しか残らない。のだけど、本当にそれでいいのかな?と、ここ数か月考えておりました。完全に一人で教えるとなると独りよがりになりそうだし、刺激をもらえる先生方とも会えなくなるし…。収入も不安定だし…。でも、やはり、来年高校生だらけになる家の生徒さん達を教えながら、スクールのレッスンをするのは無理だろうな…。まず、目が無理。目が耐えられない!

 

そして、ここは決断の時だな!と覚悟を決めた時、ちょうど次のタームのオファー確認のメールが人事から届きました。丁重にお断りする返信メールを送りました。了解しましたの返信メールが返ってきました。(非常にあっけない)

 

これで、来年のスケジュールが決定!

スクールでのレッスンは終了!

少し楽になる!週休二日になる!

なんとなく未練があるまま色々考えていたけれど、最後には自分のスケジュールをしっかりコントロール出来て良かったなと思っています。

 

少し余裕が出来た時間で、来年はゴリゴリ自分のための英語を磨きたいと考えています!英語でベラベラ喋りたい!英語でエッセーとかも書いてみたい!そしてずっとチャレンジしたかったパーソナルトレーナーをつけての筋トレをしたい!必要な筋肉がついてきたらジョギングをルーティーンにしたい!

やりたい事が沢山!

 

人生一度きり。自分の時間は自分で配分を決めていこう!もちろん、どうしても自分ではコントロールできない時間というものがあるけれど、自分で自分の思考を縛り付けてるために「出来ない」と決めつけているだけという状況も結構あると思う。捨てる事、新しく始める事、を上手に選んでいくんだ!と自分に言い聞かせています。

さて、来年はどんな年になるのかな!

f:id:funkeystomusic:20181222151329p:plain