English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

ネイティブ先生に添削してもらいました【English Writing 】My Three Themes For 2019

今年はwritingも頑張るぞ!と目標を立てて、何個か書きましたが、やはり添削してもらわない事には上達できない!!ということで、オーストラリアの先生に添削していただきました。忙しい所、有難うございました!

文法の間違いも指摘してもらいましたが、「こういう表現の方が自然だよ」という提案を色々頂けて、本当に為になりました。

どういった所を直されたのか、公開したいと思います。

 

My Three Themes For 2019

 

Happy 2019! A new year has dawned! What will the this new year be like? What do I want to make happen ? Everyone's heart leaps, more or less, with expectations at the beginning of the year. My heart, like the rest everyone of course,  got excited on New Year's Day and started to look around for goals I want to achieve.

④ However while wondering about My Resolution For 2019, however, I found a phrase in the dictionary. It says,

" New Year's resolutions can be a source of stress if you think you have to live up to them for an entire year."

Hmmm...well... so true. Just relax. Let's choose some fuzzy-ish key-word-like-themes for the coming year and live with them instead of living up to them. 

Here are three themes I chose  for 2019

 

①過去形でなく現在完了形にする(文法間違い)
この間違いはイヤ。この説明は中学生に死ぬほどしてるからね!
「過去に起こったことが現在にまで影響を及ぼしている内容は現在完了形で書くんだよ」
例えば「春が来た」は Spring came. と過去形で書くのではなく、 Spring has come. と現在完了形で書きます。なぜなら「春が来た」と言っているその瞬間、春である場合が多いからです。「あー春が来たなー!」って春に言いますもんね。現在完了形を使うことで「春が来たのはちょっと前で、今も春だよ~(過去に起こったことが現在も続いてるよ~)」って言えるわけです。それと同じ。
こういうのは、間違えたくないです!もー!

②the → this にする(表現)
うん。そうかー。この辺りは難しいです。別に the new yearでも文法的には間違いではないだろうけど、「今年」の「新年」の話ですからね、this がしっくりくるって事でしょうね。勉強になります!

③the rest →everyone にする(表現)
なるほど。like everyone で「みんなと同じように」ですもんね。「私」と「その他の人」というつもりで like the rest 「他の人と同じように」にしたのですが、私とその他、という風に表現する感じが、そもそも、なんか違うんだろうなぁ。like everyone の方が、普通に分かりやすいですよね。

④however を文中ではなく、文頭にする(表現)
however は、文中で使われることもありますので、文頭に直された意味はなんだろう?と思って質問してみました。
Q: If 'however' is inserted in the middle of this sentence, is it gramatically wrong? or does it just sound awkward?(however を文中に入れると文法的に間違っているのでしょうか?それとも、変に聞こえるだけですか?)

A: 'However' is usually put in the beginning; in writing, it's more grammatically correct. You could put in both places but it sounds more natural.

(however は、たいてい文頭に入れます。ライティングでは、その方がより文法的に正しいです。どちらに入れても大丈夫ですが、文頭の方がより自然です)

納得の説明、有難うございます!この辺り、どうやって文を作ったら自然なのか、体に叩き込んでいきたいです。

感想
文法間違いはホント、やだ!気を付けよう!fuzzy-ish key-word-like-themes が直されなかったので「こんな感じで通じるのね!」と嬉しくなりました。勝手に作ったワードだったので(^o^)

 

Be attentive

Being attentive to others is important to lead a harmonious life. ①I feel like I'm not the best I know I am not a good team player in society, but that's the very reason why I want to be attentive to Being Attentive to people around me. I do not think it is necessary to be fully involved in social life, but I want to keep in mind the fact that "Humans are social animals".

Also I want to be very attentive to what's happening in me as well. "Listen carefully to my body". I should be quick to②notice a change in realize my health condition and take appropriate + swift action accordingly.

Paying close attention to world issues is also included in this theme. I want to③widen my radar stretch an antenna by reading and listening to news and understand what is happening around the world, since whatever happens ④in the world on earth will,⑤undoubtly without doubt, affect us ⑥all eventually. 

 

①I know I am not a good (team player) → I feel like I'm not the best (team player)にする(表現)
なるほど!表現が柔らかくなった気がします。こういう文章の中で、急に I know と言い切り、I am not a good team player と言っちゃうのは、どうでしょう?って事だろうね。I feel like なら「~という風に感じる」で柔らかいし、not the best team player なら「best ではないけど、not good とは言い切ってない」感じがしますよね。イイですねー!勉強になります。

②realize → notice a change in に変える(表現)
ここは、書きながら realizeで良いのかな?と悩んだところでした。断然  notice a change in の方が良いですね~~~。ここは"Listen carefully to my body" を詳しく説明する部分で「健康状態を素早く認識する」と言いたかったのでrealize を使ったのですが、「健康状態の変化に素早く気付く」の方がしっくりきます。

③stretch an antena → widen my radar (表現)
ここも stretch an antena 「アンテナをはる」ってなんかダサい…。と思いながら書いてました(笑)。時代は radar 「レーダー」ですよ!(^o^)

④ on earth→in the world にする(表現)
ここは、どっちでも良いんじゃないの?と思ったので質問してみました。

Q: Why did you choose 'in the world'? Does 'on earth' sound different?

(なぜ in the world を選んだんですか?on earth だと違って聞こえるんですか?)
A: 'in the world' refers to actions of people across the planet, usually. 'on earth' is referring to the actual planet itself.
(in the world は、普通、その星での人々の活動に関して使われます。on earth はその星自体に関する表現で使われます。)
If you are talking about global warming, you would use 'on earth,' but if you are talking about politics, it would be 'world.'
(地球温暖化について話しているのであれば「on earth」、政治の事などについて話しているのであれば「in the world」になります。)

そうですよね。違う単語で表現されているのだから、違ったふうに使われるんです。今回、私は「世界で起こっている事」の中に、政治的な事も環境的な事も含んでいたつもりでしたので、どちらを使っても良さそうですが、前の所で「world issues 」という単語を使っていますし、パッとネイティブさんが読んだ時に、in the world だろう?と思う文脈だったんだろうな、と思います。もし、この地球上で起こっている全てのことについてだよ!と言いたければ、もう少し言葉を重ねる必要があるんでしょうね。

⑤ without doubt → undoubtly にする(表現)

こっちの方が流れが良いですよね!

⑥ all を入れる(表現)

「私達みんな」の方が文脈上良いですよね!

感想
「自然に聞こえる英語」に直してもらえるのは本当に有難いです! accordingly の使い方に自信が無かったのですが、訂正されてなかったので、これからもこの形でバンバン使っていこうと思います。

 

Deepen English skills

2018 was the year of "English" for me. I studied grammar a lot more deeply than ever before to give my students clear, concise, easy-to-understand explanation on grammar. That was a good opportunity for me to review English Grammar from an English beginner's standpoint. Teaching is Studying! 

I studied English intensely for myself too, setting a target score for TOEIC. It was quite challenging and I am very proud that I accomplished such a demanding task!

I set a new goal for this year. I dedicated myself to improving my reading and listening skills last year, so "Develop writing and speaking skills" this year! I am planning to write as many  essays, journals, academic ①papers writings as possible. I am looking forward to seeing where this training takes me.

 

 ①writings →papers にする(単語)

感想
間違いが少なくて良かったです!冒頭、2018 was the year of "English" for me. という表現に自信が無かったのですが訂正ナシでした。ここで the でいいのかな?と思ってました。冠詞は奥が深すぎます。もっと練習してコツを掴みたいです。 

 

Move

I am a super indoor person. I can stay in the house for a long long time, sitting at a desk and doing what I like to do such as reading, writing and studying.①Exercising, such as working out and jogging, has Workout and jogging have been②on in my③to-do to do list for years. Yes it is high time to take action to turn them into reality. I will move my body more often and build my physical strength.④These days, there are more and more studies appearing that suggest In actual fact this is the key factor to lead a happy life.

I also want to experience things that move my soul. Being in somewhere stimulating, we can cultivate our creative mind. Moving "body and soul" will definitely enrich my 2019.

(525 words)

 

 ①Workout and jogging have → Exercising, such as woking out and jogging, hasにする(表現)
workout とjogging をまとめるとexercisingって事ですもんね。まずは、exercising と言ってから working out と jogging を例として挙げる、という書き方ですね。勉強になります。それと workout は名詞としてあるんだけど、 joggingと並べてるし working out の方が確かに sounds good! という気がします。

②③ in my to do list → on my to-do list にする(文法)
list は on my list なのか~~!辞書には in も on もあるけど、これからは断然 onを使おうと思います。そして、どんな風に実際使い分けられているのか、注意深く実際使われている時にチェックしてみようと思います。 to do list と書かれているのを見かけるけど、ライティングの時はもちろんハイフン入りの方が良いですよね。

④ in actual fact → These days, there are more and more studies appearing that suggestにする(表現)
私は「実際のところ」みたいなフレーズで片づけてしまいましたが、「最近~(that 以下)を示すより多くの研究が出てきています」とした方が、ライティング的に説得力がますよね。このフレーズはメチャメチャ使えますね!!!

感想
it is high time to~ .の文に訂正が入らなかったので、これからも,こういった形を使っていこうと思いました。最後の Moving ~ enrich my 2019 の所も自分的に気に入っていたので訂正が入らなくて嬉しいです。

 

本当に、ライティングは添削してもらわないと意味ない、と思いました。自分では自分の間違いは見つけられないもんね。これからも、しっかり添削してもらおうと思います。英検のライティングなんかも、添削サービスに頼もんでみると新たに勉強になるかも!と思い始めました。(私の添削スキルも上がるってもんだ!)