English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

ノウハウを知っているのになぜそれを伝えないのか?

子供をもっているお母さんと話す時などに「なんで、ヨーコさんは勉強するノウハウを知っているのに、子供にそれをやらせないの?」と聞かれることがあります。私は、講師として働いているのだから「勉強の仕方」ってもんを熟知しているはずなのに、なんでそれを我が子に教えてやらんのだ?と。

 

うちの娘は進学校でバリバリ上位の成績とってます!なんてことはなく、真ん中の学校で真ん中の成績を取る、という感じの子です。それが、納得いかんと。もっとなんとかならんかったのか?と言う人がいるのです。

 

でも私にとっては「こういう思考回路の方が逆に分からん」という感じなので、こういう事を聞かれると「えーと、逆になんでそう思うの?」と聞きたくなります。だって、人間一人一人違うわけだし、「このルートを通れば誰でも勉強が出来るようになるのです!」なんてもんがあるわけないでしょう?と思うからです。

 

巷にあふれる広告のせいでしょうか。なんだか分からんけど「魔法のように効果的なものがこの世には存在していて、それが分かれば子供の成績は上がるはずなのだ!」って思っている人がいます。その方法で上手くいく人ももちろん沢山いるでしょう。でも、全員じゃないでしょう。全員がうまくいくやり方なんてあるわけないし、あったら怖いわ。それこそ魔術かマインドコントロールだよ。

 

「娘は私がやったようなやり方は合わないみたいだし、自分で自分のやり方をみつけて、自分が出来る範囲の事をしっかりやれば良いと思ってるよ。」

と言ったら

「それって、見限ったってこと?」

と聞かれた時は、さすがにビックリしてひっくり返りそうになったけど。(笑)

 

なんでそうなるんだ!

と叫びそうになったけど、いや、言った本人はとても真剣にそう思っているのだ。悪気があるとか、わざわざ嫌な事言ってやろうとか、そういうのではなくて、「あーそれって諦めたって事なんだよね、多分」と普通に思ったんだと思うんだよね。

 

でもさあ、そんな風に思うわけないじゃないか。自分の子供が自分の思った通りの感じで成長しなかったら、その人は自分の子供の事を見限るのかい?

 

「見限ってないよ。どんな道進んだとしても、自分で選んだ道なら良いじゃない。自分で適職をみつけて(専業主婦も含む)生きていければ万々歳じゃない?」

と言ったけど、全く納得していなかった様子(笑)。

きっと私達は違う星に住んでいるんだよね。と思ってそれ以上は深入りしなかったけど。

 

子供がどうやって大きくなっていくのか、親に責任がある、と言う人がいます。もちろん、健やかに(心身的に)育つようにサポートするのは親の役目だと思うけど、それ以上の事は、本人に任せたら良いんじゃないかなと私は思っています。こういう幼児教育が良いよ、英語は〇歳からやった方が良いよ、塾はここが良いよ、学校はここが良いよ、とか、情報を収集して本人に与えてみるのは自由だけど、それに興味を示さない子を「見限る」ぐらいなら、「子供の教育は親の役割!」なんていうスローガン自体捨ててしまえ、と思っています。あちこちで目にする情報を精査する力、を親の方がちゃんと持てよ。と思います。

 

子供は自分の子供であっても一人の人間で、自分とは全く違う生き物なのです。自分で自分の道を選ぶ権利があって、失敗してもいいし、またやり直して歩きだしても良いし、少し引きこもってもいいし、とにかくイチイチやってくる人生の分岐点で「自分で選んで進む」という力を持っていれさえすれば良いのです。

 

と私は思っているので、私が子供を見限る日は永久にこないよ。

 

それと、ノウハウを知っているのに伝えてない、んじゃなくて伝えたけど娘の胸には響かなった、ってだけだよ。娘は、小さい時から「自分!」っていう主張が強かったからね!自分のやりたい事しかやりません。限りなく無に近い偏差値をこれからどうやって上げていくのか、はたまた上げられずに失敗するのか、大学以外の道を選ぶのか、どうなるのか分からないけど、とにかく「自分で決めなくては」という気持ちはあるようなので、ヨシヨシ!と思っています。折々に勉強せーよ!とは言っていきますが、自分の人生、自分で切り開いていけよー!と思います。

 

f:id:funkeystomusic:20181004151920p:plain

今は吹部命!

 

生まれた時からずっとこう↓
www.funkeys-english-music.com