English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

メールの英訳を頼まれる:自分の分かる範囲で添付の旅程表を作った in English

うちの旦那はもう20数年ずっと輸入の仕事をしています。英語なんて全然ダメだわ!な状態で入社して、その後もその仕事を続けているわけです。いまだにTOEICは確か600点無いくらい。それでも、全然だいじょーぶ!ビジネスで大切なのは英語じゃないんだ。といつも思わされます。もちろん、英語に関する苦労は今まで山ほどあったでしょう。英語ペラペラな方が楽にすむ作業がいっぱいあるはずだから。

 

メールのやり取りなんかは、そのうちの一つですよね。日本語なら5秒くらいで済むのに英語だと「えーっと…」と5分くらい考えることもあるでしょう。それでも、旦那は「買い手」だし、相手はアジアの国の方々なので、結構テケトーな英語でも大丈夫、という利点?はあります。やっぱり「売り手」は大変ですよ。「買い手」の場合は、相手(売り手)の方がこちらが分かるように表現を変えてくれたり、こちらの意図するところを何とか分かろうとしてくれますから、だいぶ楽なんじゃないかと思います。それに、アジアの英語なので向こうの英語もかなりテケトー。テケトーVSテケトー。

 

なので、たまに「これどういう意味?」と相手のメールを見せられても「は?なんだこれ。」という文の事が多いです。そして「これで通じる?」と旦那のメールの添削をさせられる時も、「うーん。これで通じるのか…?」という文面の事が多いのですが、「いつもこんな感じで通じるけど。」と言われると、はあ、そうですか…。じゃ、いいんじゃないすか?となります。

 

先日聞かれたのは

「自分の分かる範囲で添付の旅程表を作った」って言いたいんだけど

I made an itineray attached as far as I know. でいい?

 

えっと、まず日本語の意味がよく分からんのですけど。

「インドに出張に行くんだけど、全部の旅程を把握できてなくて、自分が知ってる範囲で旅程表を作ってみてそれを添付した。」ってこと。らしい。ほー。

 

旦那「これでいい?」

私「うーん…。」

旦那「これでいいん?」

私「えーと、ちょっと違う解釈される可能性はあるんだけど、でも、お互い状況分かりあってるなら通じ合うのかも…?」

旦那「で、これでいいん?」

私「私的にはキモイ文なんだけど…」

旦那「じゃ、なおして」

 

f:id:funkeystomusic:20180831121732p:plain

 

いつも「え?はやくして?」的な感じなんですけど、こんがらがった日本語とこんがらがった英語を、英語的に誤解のないナチュラルな流れに直すのって、結構大変なんですよ?最初から自分で英文を考える方がよっぽど速い。

 

例えば、自分で英文を作る時は、日本語で文をまず作ったりしません。「日本語の文を英語の文になおす」のは大変なのです。折り合わない所があちこちあるからね。自分で英文を作る時は、自分が言いたいことを断片的な情報としてピックアップして、それをどの英語の構文で言えばスッキリ表現出来るかな?って構成を最初から英語で考えるんです。

 

でも、いったん出来上がっちゃった英文の「おかしな所」を突き止めて、正しく直す場合、「結局、何が言いたいのか」をインタビューするところからやり直さないとならない(めんどい)。

 

まず、なんでこの文が私にはキモく感じるのか、ですが、

I made an itineray attached as far as I know.

●分詞1語で修飾しているなら前から修飾する方が普通(TOEICでは後ろから1語で修飾するバージョンもあるけどね~)

itinerary attached → attached itinerary

※でも「添付されてる旅程表を作った」っていう表現自体、なんだか分かりにくくて私は嫌だ。

●as far as I know がどこに修飾されてるのかよく分からない

「私が知っている限り、私が添付の旅程表を作った。(もしかしたら、私じゃない人が作ったかもしれん)」という意味にとれる。

 

という事なんですが、これは旦那には言いません。なぜなら、こうやって説明すると、

え?そういう説明要らないから答え教えて?って顔するからです。

 

なので、なるはやで、とにかく答え?を言います。

 

私「I attached an itineray I made with information I know. が、良いんじゃない?」

旦那「ふーん」

 

f:id:funkeystomusic:20180831123043p:plain

特に「なんでこうなるの?」とか聞かれません。(聞けよ!)

 

なぜこの英文になったかと説明するとこうなります。

【断片的情報】

●旅程表を作った

●そこには自分が知っている範囲の情報を盛り込んでいる

●その旅程表をメールに添付した

【文の構成】

●「旅程表を添付した」という事がメインの情報なのでここが主文

●旅程表の説明として「自分が作った」「自分の知っている情報で」を付け足す

【英作文】

● I attached an itineray 

旅程表を添付した

● (that) I made

(それを)私が作った

※関係代名詞の目的格なので that は省略可

● with information

情報で

● (that) I know

私が知っている(情報)

※関係代名詞の目的格なので that は省略可

 

I attached an itineray (that) I made with information(that) I know. 

私が知っている情報で作った旅程表を添付しました

 

となったわけです。

でも、ビジネスメール的にはちょっと冗長な感じもしますよね。もっとピッタリな言い方あるだろうね~と思いますが、私は、ビジネスメールの決まり、言い回しは知らないのです。ビジネスメールを20年以上英語で交わしているあなたの方が詳しいはずなのでは!?と毎回思いますが、まあ、ずっとテケトーVSテケトーなのでしょうがないか…。

 

それと旦那に状況説明してもらってる時に、このメールで一番伝えたいことは「未完成の旅程表だと思うから、それをチェックして、何か他に情報があるなら追加して」ってとこだと思ったんですよね。でも、それはメールには書いてない。

 

そこ、書かんでいいんかい!

 

と思ったけど、そこまで首突っ込むと、もっとめんどい事頼まれそうな気がしたから黙っておいた。←

 

因みに、もしその文言を付け足すなら

 Could you check it and add further information if necessary?

(それをチェックして、もし必要なら詳しい情報付け足してくれます?)

でしょうね。

 

I attached an itinerary I made with information I know.

Could you check it and add further information if necessary?

 (自分が知っている範囲の情報で作った旅程表を添付しました。それをチェックして、もし必要なら詳しい情報付け加えてくれます?)

 

うん。スッキリ伝わる。(笑)

 

旦那へ

このような全体的な内容チェック、フォローをお求めなら、その旨、事前にお知らせ下さいますようよろしくお願いいたします見積りだします。