English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

【英検(R) 三級】最低限のライティング⑥(小学生でも大丈夫)

 お題【来週末何したい?】ライティング解答例

英検三級は、25-35語という指定がありますのでその字数に合わせていきます。

理由は2つ必要です。

f:id:funkeystomusic:20190508134855p:plain

お題 

What do you want to do next weekend?

(次の週末に何をしたいですか?)

ブレインストーミング

これは、ラッキー問題ですね。何を言っても良さそうです!←

next weekend の所が in summer / during winter vacation  とかでも同じ答えにできそうです。※季節限定のアクティビティを使う場合には注意ですけどね!

 

では「したい事」を場合分けしてみましょう。

●どこかへ行く

●何かをして遊ぶ・趣味のことをする

●勉強をする

●何もしないで家にいる

この4つが代表的でしょうか。

理由として考えられそうなことは

 

◆どこかへ行く 

①その場所が好き

②その場所で出来る事があり、それが好き・楽しい。

 ◆何かをして遊ぶ・趣味のことをする 

①それをする事が好き、楽しい。

②それをする事で何か自分にプラスの作用がある。

 ◆勉強をする

(う~ん。やるなぁ!)

①勉強が楽しいから

②進学したい学校があるから

 ◆何もしないで家にいる

(なかなか渋い答えですね。でも結構これを言う人は多いです。)

①ゆっくりしたいから

②家は落ち着くから

構成+英作文

①〇〇をしたいです(へ行きたいです)。

②理由は2つあります

③理由1

④理由2

となりますよね。③と④の部分を考えて英語にしてみましょう。

使える語数は、約10~20語です。

どこかへ行く 

例)ショッピングーモールへ行く

●活気があって好き

●そこで、沢山のお店を見れる。好きなものを買える。

I want to go to a shopping mall next weekend.

● I like shopping malls, because they are lively.

● I can shop around and buy my favorite items there. 

何かをして遊ぶ・趣味のことをする 

例)テニスをする

●楽しい。気持ちがいい。

●友達と一緒にできる。いつも一緒に良い時間を過ごせる。

I want to play tennis next weekend.

● It is exciting and fun. I feel good.

● I can play with my friends. We always have a good time.

勉強をする

●勉強が好き。興味深いから。

●進学したい学校があるから週末も勉強しないといけない。 

I want to study at home next weeknd.

● I like studying because it is interesting.

● I want to enter 学校名, so I have to study hard on weekends too.

何もしないで家にいる

●平日は忙しいから週末は休みたい

●家は落ち着くから 

I want to stay home next weekend.

● I am very busy on weekdays, so I want to take a rest on weekends.

● I feel comfortable and relaxed at home.

完成した文

①と②部分を加え、理由1の前に First, 理由2の前に Second, を入れて完成させます。

 例)ショッピングモールへ行きたいの 場合

①I want to go to a shopping mall next weekend.

②I have two reasons.

③First, I like shopping malls, because they are lively.

④Second, I can shop around  and buy my favorite items threre.

(31 語)

最低限のライティングはここまでです。

ちょっと深い話 

ある季節限定のやりたいこと、として上がりそうなものの中に

I want to go skiing.(スキーをしに行きたいです)

I want to go swimming.(泳ぎに行きたいです)

がありますね。

 

今日はこの go+動詞ing についてお話します。

go+動詞ing

使い方

go+動詞ingは、「〇〇しに行く」という事を言う形ですね。

 ◆「スポーツ関係」で主に使われます。

go skating (スケートをしに行く)

go fishing (釣りしに行く)

go golfing (ゴルフをしに行く)

go surfing (サーフィンをしに行く)

などなど。

◆「レジャー関係」でも使われます。 

go shopping (買い物しに行く)

go hiking (ハイキングしに行く)

go camping (キャンプしに行く)

などなど。 

間違いやすいポイント

いつ使うのか、どういう形で使うのか、分かりやすいですよね。

でも、この、そんなに難しくない  go +動詞ing

うっかり言い間違える人が後をたちません。

 

それは  go と言えば  to  と体に染み込んでいる人が多いからです。

 間違いポイント①

◆ go to 動詞ing と言っちゃう

I go to shopping every day.

と言っちゃう。書いちゃう。レッスンでも、そんなつもりないのに言っちゃってる人多数。言い間違いを訂正すると「え!ちゃんとそう言ったでしょう!」という反応。はい。自分ではちゃんと言ってたつもりなんです。でも 悲しいかな。go と言えば to の法則 にほとんどの人が感染しているのです。なので、使うときはよくよく注意して言って(書いて)みて下さいね。

間違いポイント② 

◆ go +動詞ing to と言っちゃう

これも go と言えば to の法則 からくる間違いです

 

例)私は川へ泳ぎに行きます。

I go swimming to the river.

 

となってしまうという間違いです。これは、先ほどの言い間違いより高度な間違え方ですね。「どこか場所へ行く」=「 go to 場所」 となるのが定番ですからね。ですが、この go +動詞ing の大切な部分は go ではなく 動詞ing の方なので

「 go to 場所」の法則が当てはまらないのです。

 

場所の前に使う前置詞は toではなく、動詞ing の方で使う前置詞が適応されます。

 

例)私は川へ泳ぎに行きます。

でしたら swimming の方で使う前置詞を使います。

川で泳ぐ= swim in the river 

 

ですのでこの場合は in が使われるというわけです

 I go swimming in the river.

✖ I go swimming to the river.

 

ですので、「go to 場所の法則」を使わないように、これまた気をつけて下さいね!

こんな感じに使い分けますよ。

go skating on the lake(湖にスケートをしに行く)

go fishing at / in the river(川へ釣りしに行く)

go golfing at ゴルフコースの名前 (〇〇ゴルフコースにゴルフをしに行く)

go surfing in France (フランスにサーフィンをしに行く)←すげー

go camping in the woods. (森へキャンプしに行く)

go hiking in the woods.(森へハイキングしに行く)

※ go hiking to the woods. もオッケーです。この場合「森までハイキングする」になります。森の中はハイキングしない。なにそれ?というハイキングですね。森までの道を楽しむ。森についたら引き返すハイキング(笑)

 

go 動詞ing の他に go on a+ (hike / picnic / trip など)、go (out) for+( dinner / a drive / a walkなど)もありますね。go はよく使われる単語だけに使い分けに注意が必要なんだよね。

 

 

 

 

 What would you like to be in the future? の解答例はこちら

www.funkeys-english-music.com