English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

英語の会はキモイのか

週末、家族は大体バラバラに過ごすことが多いヨーコです。毎週、金曜日の晩に「週末どんな予定?」と聞いて相手のスケジュールを把握する感じです。

私「明日の予定は?」

娘「ボーリング」

旦那「ツーリング」

大体、遊びの予定が入っている二人です。翻って私はどうかというとスーパーインドア派(ほぼほぼ引きこもり)なので、特に何も予定が無いというのが常、なので「あんたはどうすんの?」とは全然聞かれません(笑)。

 

でも、今回は予定が入っていたので一応お知らせしておきました。

私「私は英語の会に行ってくるわ」

娘・旦那「え??」

私「え?って英語の会入ったって言ったやん。」

旦那「あれって、定期的にやる会なん?」

娘「なにそれ。おもろいん?そんなことして。」

 

は?

 

どうやら、二人は先日私が参加した「英語の会」は、「英語喋りながら飲んだり食べたりしようぜ~。まあ英語喋るのがメインっていうより、飲み食いでワイワイがメインだぜ~。」みたいな突発的な会だと思っていたようです。そして、そういう会に参加するなら分かるけど、英語を毎週喋るための会ってなんなんそれ??って思っているようなのです。

 

私「テーマが決まってて、毎回それについてディスカッションするみたいな会だよ。」

旦那「うわ。なにそれ。キモ。」

娘「マジキモイ。」

 

キモイ………?

 

え?色々なテーマについて英語で話し合う会ってキモイのかい?

 

 

いやいや!

いやいや!

全然キモくないだろう!

 

確かに、純粋な「遊び」ではないかもしれないけど、知的好奇心がくすぐられて凄い楽しい時間なんだからな!英語であれこれ考えて話してそれに対して英語でレスポンスがあって会話が弾むってちょっとしたトランス状態な楽しさなんだからな!

 

と、力説したけど二人とも全く心に響かない様子。

生きている世界が違い過ぎる。宇宙人かよ。

(と、向こうも思っていると思われるけど…。)

 

旦那「ちなみに今日のテーマはなんなん?」

私「宇宙人が存在するかどうかについて」

 

 

f:id:funkeystomusic:20190211083626p:plain

なんか言えよ

 

まあよい。自分の趣味を他人(?)に理解してもらおうなんて言う気持ちは、そもそもない。

 

で、意気揚々と英語の会に行って参りました。

またまたすっごい楽しかった\(^o^)/

 

盛り上がりましたよ~~!宇宙人の話!!!(笑)

もちろん、「宇宙人が存在するのかどうか」の答えは出ませんよ。でも、なぜ自分は「宇宙人がいる / いないと思うのか」を理由をつけて説明する、そしてそれに対して相手がどんな反応を示すのか、同意するのか反論するのか、をリアルタイムで確認出来て、それに対してこちらも新たな意見を述べる。とか、そういう形になります。

 

こういう機会、本当になかなか無いですからねー!とても勉強になります。そして、意外な意見を聞けて単純に楽しい!家族から白い目で見られようと、また参加したいな!と思った次第です。

 

オマケ

私はこんな意見でした(^o^)

 

Q.  Do you believe in aliens?

 

A.  Yes, I think there must be some kinds of life forms somewhere out in space. Because the universe is too historically-long and dimensionally-wide to ignore the existance of ariens. What percentage of the universe has been observed by human beings so far? 0.000000whatever percent? We don't even know when exactly the universe started and how large it is. In addition, there is a limit to what humans can do.We overlook things and make mistakes so often. AI, instead, will be able to detect signals from space more accurately than humans in the near future I assume. The time when we know if there are aliens out there or not may be just around the corner.

(はい。宇宙のどこかになんらかの生命体はいるに違いないと思います。宇宙人の存在を無視するには、宇宙はあまりにも歴史的に長い時間が経っているし、面積も広すぎる。今までに人間に観測された宇宙は一体、何パーセントなんでしょう?0.00000なんとかパーセントですか?私たちは宇宙がいつ始まったかもハッキリとは分からないし、どれだけ広いのかも分からないのです。それに、人間のやることには限界があります。私たちはモノを見落とすし間違いをしばしばおこします。そのかわりに、近い将来、AIがもっと精密に宇宙からの信号を検知できるだろうと思います。宇宙人がいるのかどうか私たちが知る時は、もうすぐそこかもしれません。)

 

あああ。楽しい!(笑) 

まあ、定番の意見ですけどね。それを、シンプルに英語で伝えられるかどうかあれこれ考えるのが楽しいのさ(^o^)

 

 

 

f:id:funkeystomusic:20190211104028p:plain

我が家の宇宙人