English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

【関西吹奏楽コンクール:高等学校A】チケット購入から入場まで(2018年)

先日、兵庫県尼崎市のアルカイックホールで行われた、関西吹奏楽コンクール(高等学校A)を聴きに行ってまいりました。昨今、この高等学校Aの吹奏楽コンクールのチケットを取るのが相当難しくなっている!と聞いていたのですが、「いや、まあ、でも、そこまでじゃないんじゃないの?」と思って会場に行ったのですが、やっぱりなかなか大変でしたので(笑)ここに記しておこうと思います。

 

まずは基本的なお話から

関西吹奏楽コンクール(高等学校A)の基本事項

①前半の部と後半の部に分かれています。1枚チケットを買ったら前半も後半も聴ける、というものではありません。しかも、両方のチケットを持っていたとしても、前半の演奏が終わったら一度全員外に出る仕組みなので、後半の部に入場するためには、後半の部の入場待ちの列の1番後ろに並びなおす形になります。

②値段は1枚1200円

③当日券のみでした

④当日券を買うためには、早く来て並ぶしかありません

⑤前半の部のチケット販売開始は 9:15 後半の部のチケット販売開始は10:15 でした

※前半の部のチケット購入の列と後半の部のチケット購入の列が1時間差で(ほぼ同時進行で)伸びていきますので、前半のチケット購入後に後半のチケット購入の列に並んでも、買えない可能性が高いです

⑥1人2枚まで買うことができました

  

次は、当日の私の動きです。

当日の動き

娘「7時までについとけば多分買える」

私「2時間以上も並ぶの~?え~~?まあ、7時半くらいにつけばいいんじゃないの?」

娘「7時半じゃまず無理やで。大阪府大会の時も7時半じゃ無理って言われてたんだから」

私「う~ん。まあねぇ~。(でも2時間以上並ぶのはヤダ。30分くらい遅くても大丈夫じゃない?)」

 

と、あま~い気持ちで、7時半着を目指してホールに向かいました。ホールに着くと、凄い列。ぎゃうぅぅぅっっ!!!いきなり「やっぱり遅かった感」!

 

7:30 

とりあえず、列の最後尾に並びました。しばらくすると後ろで

「これ、入場待ちの列やんな?」

という声が。

ん???

え???

私「すみません。みなさん、チケットお持ちなんですか?」

後ろの高校生「はい。」

 

うわっ!!!並ぶ列間違えてるやん!

 

ポイント1 並ぶ列

※並ぶ列を間違えない。会場には、前半の部のチケット購入の列入場待ちの列後半の部のチケット購入の列入場待ちの列と4つ列がある可能性があります。しかも、通路を確保するために列を途中で区切ってたりするので、あちらこちらに列が点在している形になります。どこに並ぶのか列をまず確認しましょう。

 

慌てて、係員の姿を探して

私「チケット購入ってどこに並ぶんですか?!」

係員「前半の部ですか?後半の部ですか?」

私「前半の部です」

すると、係員のおっちゃん、半笑いで

係員「あ~~。もう多分無理ですけど~。一応、この列のずーっと後ろ、建物の反対側対角線上のあたりまで行ってください~」

私「!!!」

f:id:funkeystomusic:20180828110012p:plain

チケット販売開始1時間45分前に半笑いをくらうの図

 

ぐるーっと建物の反対側まで回って最後尾へ。もう、すでに無理っぽいですよね…。はい。確かに。

前に並んでいた高校生らしき男の子に

私「これ、無理かなー?無理っぽいよねー?」と話しかけてみると

高校生「まあ、席は1800ありますからね。でも、1人2枚買えますから、最悪の場合900人並んでたらアウトですね。」

と、君は理系だね?というような理路整然とした返答をしてくれました。(全く慌ててない様子)

 

彼は全く慌ててないけど、もう相当数並んでそうだし、そもそも出場する学校関係者にチケットは優先的に一定数割り当ててあるだろうし、今日何枚売ってくれるのかは分からんじゃないか。とおばちゃんはソワソワしておりました。

 

すぐに私の後ろに、同年代風のお母さんらしき方が並んだので、またもや

私「これ、無理ですかねー…。」

と話しかけてみると

お母さん「結構並んでますよねー…。子供が出るんですけど入れるかな…。」

私「え!!学校ではチケット優先的に買えないんですか!?」

お母さん「1人2枚までって決まってたので…。子供の分と旦那の分しかないので、もう1枚の分並んでるんです…。」

 

えー!!自分の子供が出るのに見られないかもしれないなんて、そんなー!!!

 

お母さん「もっと早くから並べれば良かったんですけど、子供を朝、練習場まで車で送って行って、そこから来たんで…。」

 

そう。子供のリハの為に親が車で練習場まで朝送らなくちゃいけない、とかいう事態はかなりの確率でおこるんだよね。。。えー。。。でもそんなの可哀そうすぎるやん;;

保護者のチケットが確保できないくらいの争奪戦…。更に「チケットが手に入らない」感が現実味を帯びてまいりました。

 

とりあえず、まだ朝も8時前だというのにお日様がギラギする中、日影がまったくない所に並ばされ、一応用意しておいた小さな椅子(アウトドア用)と日傘で「待ち態勢」に入りました。この2つがなかったら30分くらいで私は倒れていたと思われます。

 

ポイント2 小さな椅子と日傘

※小さな椅子と日傘があると助かる。でも狭いところに並ばされてたら傘させないかな…と思いました。場所によっては椅子も出せないですよね。この辺りは運任せ…。

 

7時半くらいから並び始めましたが、8時までの間に何回か係の人が「多分、この辺りの方はチケット購入は難しいです~~。絶対とは言えませんが、多分無理です~。」と言いにきていました。でも誰も帰らない(笑)。何とか手に入るんじゃないか!もしくは前の方の人が諦めてくれたらいけるかも!という淡い期待をみなさん持っていたと思われます。しかも、自分の子供が出る、とか、後輩たちが出る、という人たちはどうしてもこの「前半の部」に入らないといけないので、諦めるわけにはいかないですよね。

 

一方、私は、私の関係者が「前半の部」に出るわけじゃない。ただ前半に淀工と桐蔭、箕面自由、仰星が出るので、ぜひ前半が聴きたかっただけ。そう。今回は、前半の部に皆が「聴いてみたい」と思わせる高校がひしめいている感じでした。だから余計に前半のチケット争奪戦が過熱していたのかも。

 

8:00 

8時過ぎに係の人が回ってきた時に、さすがに前半は諦めようと思いました。

私「後半だったら、まだチケット買えそうですか?」

係員「うーん。おそらく。まだ150人くらいって感じですからね。」

てか、この時点(チケット販売開始2時間15分前)で後半の部に150人も並んでんのかい!しかもその状態で「おそらく買える」ってチケット何枚売る予定なん!??と恐れおののきました。500枚くらいしか売らない気かい?と思いました。(実際何枚売られたかは分かりませんが…)。でも、単純に計算して、各出場校に100枚ずつ配るとして(府大会は100枚ほど学校にチケットがきていたし…)1000枚はそこでなくなるよね?てことはマックス売っても800枚やん。一人2枚かったら400人しか買えない。(あくまで想像ですが。)

 

ということで、後半の部に並びなおすことにしました。

 

ポイント3 午前の部を狙ってこよう

※午前の部を狙ってくれば、そっちがギリギリ無理でも午後の部に滑り込める可能性がある

 

午後の部の列では、確かに「ここに居れば買えそう!」というぐらいのポジションに位置することができました。この時点でチケット販売開始2時間15分前。なるほど、朝、娘が言っていた「7時に並べば多分買える」はこういう事か。あ~~。娘の話を真剣に聞いておくべきでしたね~~~。実際、8時15分くらいからグングン列が伸び始めました。みなさん「二時間前」を目標に来る感じでしょうか。8時半には列の最後がどこにいったんだか分からないくらいに伸びておりました。

 

ポイント4 二時間前よりちょい前には並んどく

※「二時間前」を目指してくる人が多い感じがしました。人気の学校が集まっている場合はもうちょっと早そうですが…。今回、人気だった午前の部は6時前から並びに来られていた方もいたと小耳にはさみました。

 

午後の部に並んでからは、持久戦。とにかくあと2時間15分ここに座って待っとく。幸いこちらは日影だったので、椅子に座って朝ごはんのオニギリを食べたりしてボーっとしていました。並ぶ位置が日向になるか日影になるかで消耗度が全然違いますよね。この場所も最初は日影でしたがお日様が高くなるにつれ、またもやギラギラの日向になってしまいました。日傘をさしてても暑かった。その時点であと1時間弱。1時間弱といえば、交響曲聴いてたら大体1時間弱じゃん!と思いつき、大好きなブラームスの交響曲第四番を聴き始めました。しかし、このブラ4…。炎天下で聴くもんじゃないわ!余計に消耗した気分…。(笑)

 

さあ、販売開始20分をきったぞ!というあたりから、周りがソワソワしだしました。うん。1人2枚までしか買えないからね。チケット10枚欲しければ5人いないといけない。でも、並んどくのは1人で良いんじゃない?と考える人達がいるんですよね。そういう方々が、「みんな列に並びに来てー」と電話し始めるわけです。こういう行為はマナー違反!なのかもしれないけど誰も取り締まってないし(てか無理)、特に全員最初から並んでおいてくださいという注意は受けてない。ので、こういう事が発生してもしょうがいよね。だから、最初150番目に並んでたとしても、実際チケット買う段階では150番目よりだいぶ後ろになっちゃってる、という事があり得るわけです。

 

ポイント5 「連れ」に注意

※直前に、前に並んでいる人の「連れ」がくる可能性があるので注意

 

10:30 

やっと、チケット販売開始!10時15分から開始して私がチケットを買えたのが10時30分。そして10時50分には完売していました。後半の列に並びなおすのが20~30分遅れてたら買えなかったかも?という気がします。

 

チケットを買ったら、開演の14:30まで暇!!!

4時間暇!!!(笑)

朝、もう30分早く出ていたら、並ぶ時間もトータルで2時間15分くらいで、午前の部に入れて、サッサと家に帰れたのにね!

さて、4時間どうしよう。

 

尼崎のアルカイックホールは阪神尼崎駅の近くですし、駅にはお店が色々入っていますし、時間を潰そうと思えば4時間くらい潰せそうでした。ホールにもレストランがありますしね。(11時オープンですが)

 

でも、すでに「後半の部入場待ちの列」が出来ているのです!!チケットを購入した人が次々と並んでいきます。こういうのを目の当たりにしちゃうと

「もう、並んどこうかな…」

と思っちゃいますね。もうチケットはあるのだから、絶対に入れるのですが、せっかくなら良い席で聴きたいですからねぇ。。。私は、前の方で聴く吹奏楽の演奏が大嫌いなのです。すごい圧ですよね。耳が痛くなる時があります。うまい学校しかないとはいえ、前の方になってしまっては苦痛を感じるリスクが高い。しばらく悩みましたが

よし、今から並ぼう……。

 

11:00

もう、腰を据えることにしました。食べ物と飲み物は、まあまああったので補充せずに、トイレだけ行って、11時頃に並び始めました。周りの皆さんも長期戦ですから、シートを引いたり、椅子を出したりして座っていました。早くから並んでいると、建物の屋根の下になりますので日影が確保できます。風がよく通る場所だったのでそれも有難かったです。しかし、入場までほぼ3時間!長いわ~!朝、娘のいう事聞いてればねー!!!(笑)オニギリ食べて、音楽を聴いて、昼寝して待ちました。

 

13時頃をまわると、またもや日陰だったところが日向になってきて、ヤバい状況に。今回は傘が差せるようなスペースがなかったからです。どうしよう!でも、ここは係員の人が気を利かせてくれて全員が日影に収まるように列を少し移動させてくださいました。有難うございます!!!

 

13:45 

入場待ちの列は、やはり開演の二時間前くらいからグングン伸びていく感じでした。そして、ついに入場!開演の45分前くらいから順次入った感じです。しっかり3時間ほど並びましたから、全く焦ることなく、良い席をゲット。いぇーい。会場内の一番いい所はもちろん「審査員席」ですが、その周りに「関係者席」があってそこで相当数の席が奪われている感がありました。審査員席の周りで一般人がガサガサしないように、という配慮かもしれません。しかし、あの分を差し引くと…一体何席分チケットがあったのか…!ますます争奪戦になるのが分かる気がしました。

 

ポイント6 入場の際も二時間前よりちょい前に並んどく

※入場の際も、二時間をきってから並ぶと、辛い席になってしまう可能性がありそう。

 

良い席にサッサと座り、トイレに一番乗りして、リラックスして演奏まで待ちました。まあ、朝7時半から7時間もここに居たんだからね!当然だわさ!

 

※演奏中は、立ち見の人がかなりいました。前の方の席に座るくらいなら後ろで立つ!ということなのかな?もしくは自分の関係者の演奏だけ聴いて帰るとか?

 

オマケ

今回の関西大会の後半の部の感想。やっぱり大阪勢が強い~~。府大会で、「淀工のゲスト演奏より良かった!」という声が多く聞かれた明浄学院の演奏、本当に素晴らしかった♡近大付属も良かった~♡近大付属は大阪府大会でも聴いたけど、関西大会に向けて更にビシっとレベル上げてきてる感じが凄かったです。この二校は課題曲が終わった段階でブラボー!!!と叫んで拍手したかったです!音が生き物のようにうねるんだよね。聴いていて気持ち良かったです!そして、どの学校も1番凄い演奏に仕上げてきてるんだろうな!と感じられるのがコンクールの醍醐味ですよね。緊張感の中で最高のものをだすぞ!という空気にゾクゾクしました。

しかし、心残りは

淀工聴けなかった~~~~!

です。

来年、また頑張れるかな…。