English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

ボーダーレス

先日のムのムさんのぶろぐでこんな記事を読みました。

www.nomunomutukkoman.com

 

ほうほう。と読み進んでいったのですが、読み終わる頃に

「よもや私はいわゆる「女性」に分類されるのかどうか危うい」

という気持ちになりました。(笑)

 

人にはそれぞれ「個性」ってもんがあるので、「これは違うなー」と思うものがあって当然なのは分かっているのですが、最近、非常に、ひじょーーに、自分の中の「非女性感」が増しているなあと再認識するキッカケになった。わけです。

 

「おっさん」かと思ったら「おばはん」だった。

なんていうネタはテッパンで、誰しもそういう場面に遭遇した事があると思います。年を重ねるごとに女性が男性化していく。という現象。これはもちろん、見た目が女性としての美しさを失うというという老化現象、自然の成り行き、なわけですが、私の場合内面的にも「女性らしさ(?)」的なものが無くなっていってます。

 

それって、哀しい…。

 

と若い女子は思うかな。

なんか何かが自分の中で死んでいく感じ、に恐怖する人もいるかもしれませんね。

 

でも私はこの感じ、嫌いじゃないです。「もう、どうでもいいや」っていうのとは違うんです。自分の中のボーダーがなくなってボーダーレス!フリーダム!なんです。自分の好きなものに真っ直ぐになるっていうか。自分で要らないと思う「女性らしさ」はもう捨てて良い。若い時にはなかなかそうは思えなかったことです。

 

今では、自分の手元に残しておくかどうかの選択は完全に「自分軸」。この年代の女性ならこういう感じが印象が良い、とか世間一般にはあると思いますが、そういう概念もかなり薄れておりその代わりに台頭してきた「私の目で選び取ったお気に入り達」に囲まれたい欲が素直に膨らんできております。

 

f:id:funkeystomusic:20180529074445p:plain

こういう気持ちになるものだけ大切にする。

 

それは、とっても自由で楽しい世界です^^

 

 ただいま

20180529074445

パア~~~♡となっているのはこちら

youtu.be

かかかかかかかわいすぎる!!!!!

 

眼福

 

マジ眼福(((゜Д゜;)))

 

いい年のオバさまが娘と同い年のお嬢様に萌えている。

まさにボーダーレス。フリーダム。

 

因みにスマヲタの娘も、彼女には萌えまくっております(^O^)

「木村くんにそっくりヤーーーーーー!!!」

「かわええーーーーーー!!!!!」

 

二人でギャーギャーしています。

 

f:id:funkeystomusic:20180529080957p:plain

旦那はシーンってしてます。笑

 

今や、可愛いお嬢さんに関しては旦那よりアンテナの感度高めです!(^O^)