English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

目標はコンスタントに950点:TOEIC学習の記録⑥【パート5:動詞問題】

今回は、動詞問題!

 

 

6月14日

《動詞問題》を知る

 問題の正解率、ミスの傾向など

トレーニング:9問

実戦問題:40問

●正解 48 / 49(正解率97%)

●時間 20分30秒(1問あたり約25秒)

●ミスの傾向 分詞で名詞を修飾する形

●対策 能動的に修飾するのか、そうでないのか、しっかり見極める

 

今日学習した表現

単語

① pertain to ~  ~に関連する

② relocate  自動詞:移転する 他動詞:移転させる

●  The company will relocate でも The company will be relocated でも良い

文法事項

① 〇〇 should withstand being dropped from heights of up to seven meters.

being dropped (落とされること) が 名詞句となりwithstand の目的語。はあ~なるほどね~。

②〇〇s (  ) a budget proposal for the exhibition to the museum's curaor.

答えは have submittid 。まあこれは別に異論ないけど、would submitという選択肢もあって、こっちでも良くない?と思ってだいぶ悩みました。解説によると「would には過去の習慣を表す用法があるが、1つの展覧会の予算案を習慣的に提出したことになり文脈上不適切。」とのこと。 wouldには「控えめな推量」の意味もあるし、それなら別に文脈上も不適切じゃないと思うんだけどね。その辺り、どーなんですかねー?

感想

簡単な問題と難しい問題が入り混じっている状態は、予想以上にストレスフルだった。簡単すぎる問題に「本当にこんな答えでいいのか?!」と無駄に時間をとってしまうというか。仮定法現在の形は知らない人が見たら気持ちわるいけど、明らかに「ひっかけ狙い」で見分けやすいので、絶対に覚えた方が良いと思う。それにしても、なかなか100%は出ないものですね。950点を目指すなら全体で8問くらいしか間違えられないので、ケアレスミスは本当になくさないとなー!

 

第5回はこちら

www.funkeys-english-music.com