English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

2019年吹奏楽コンクール大阪府北地区大会:楽しかった!

先日行われました吹奏楽コンクール大阪府北地区大会の会場に足を運び、20校中19校、聴くことが出来ました。半日ドップリと音楽に浸かってたわけです。あー楽しかった\(^o^)/

 

コンクールはちゃんと聴こうと思ったら半日仕事。楽しいのですが、ちゃんと準備をしていかないと大変な事になります(私だけかもしらんけど)。コンクールを聴きに行く時の注意点としては、とにかく暖かい恰好をしていく。です。会場は大体「極寒」です。1年目にノースリーブのワンピースで行って、一応夏用の羽織ものはあったものの寒くて寒くて凍えて死にそうになりました。頭痛を引き起こし、家に帰ってからも寝込んだ記憶があります。今回は、ひざ掛けと、冬用のセーター(笑)を持って行ったのでバッチリ!

ずーっと全部聴いていくと、だんだん「ここは良いぞ!」「ここはイマイチだぞ!」と分かってくるものです。今回は「ここは金」という思う所に印をつけておきました。

 

予想と結果

【私の予想】

北野 金

扇町総合 金・代表確実!

四条畷学園 金・代表確実!

市岡 金

金蘭会 金・代表

国際滝井 金・代表確実!

追手門大手前 金・代表かも?

常翔学園 金・代表かも?

 

【結果】

北野 金→金・代表

扇町総合 金・代表確実!→金・代表

四条畷学園 金・代表確実!→金・代表

市岡 金→金

金蘭会 金・代表→銀

国際滝井 金・代表確実!→金・代表

追手門大手前 金・代表かも?→金・代表

常翔学園 金・代表かも?→金・代表

 

特別賞をあげたい学校

ほぼほぼ当たったのですが、金蘭会だけ銀!なんで!え!なんで!

審査員の皆さんに聞きたい。なんでなん?←

 

私のドストライクの演奏だったのですが、審査とはそういうもんじゃないんですねぇ。金蘭会は女子高なのですが、すっごい「男前な演奏!」で私のハートを打ち抜きました。要所要所、バシって決めてたし、金管のベルアップもカッコよかったのに。イカツすぎたのかしら…。えー、でもそこが良いとこだったのに…。とモヤモヤしております。確かにちょっと音はワシャワシャしてたかもしれないけどさぁ…。納得できねぇ。なんだか審査のポイント的になにかマイナス案件が重なったんでしょうけどねぇ。

 

フィギュアスケートでもあるじゃない。なんかさ、ザキトワのプログラムの組み方が点数でやすいとか、真央ちゃんのジャンプが加点がつきにくいとか。なんだか素人にはよく分からないけど、吹奏楽も基準に従って点数が加算されたり減点されたりするんだろうなーって思いました。

 金賞校の印象

それに対して北野の演奏は、「うん。うまくまとめたね。」という演奏。一言で言うと「演奏の偏差値が高い!」んではなかろうかと。私は審査基準を知りませんので単なる私の妄想ですが、マイナス案件が少ない演奏なんじゃないかと思いました。五教科バランスよく勉強しました。という素晴らしさなんじゃないかな。私の心にはグサッとは刺さらなかったけど審査員の心にはしっかり届いている!さすがです!よくよく賢いんだよなー!府大会での演奏も期待!

課題曲:Ⅰ 自由曲:「イーストコーストの風景」より N.ヘス

 

扇町総合の演奏は、めっちゃ良かったっす!!課題曲が完璧~!!からの自由曲の緊張と爆発!!と、最高でした。キター!!!って感じ。音が、まとまってるし、気持ちもまとまってるし、去年は確か銀賞だったのですが、その雪辱は完全に果たしたのではないでしょうか!素晴らしい演奏を有難う!府大会も楽しみ!

課題曲:Ⅳ 自由曲:シネマ・シメリック 天野正道

 

四条畷学園はいつもは地区大会はシード校ですが、今年は地区大会から出るという事で、聴いている側からしたら「凄い演奏を地区から聴けるなんてラッキー!」でした。演奏は、いや~~別格です~~\(^o^)/。恐らく8割くらいの感じで演奏してたと思われるのですが(笑)、音がもう全然違うんだわ~。他のちょっとレベルの低い学校の音を「くすんだ銀」とするなら四条畷学園の音は「純度の高いプラチナ」だ。音がね、輝いてるんだよ。キラキラ~~って。最初の音から、キラキラ~って。幸せの極みでした(^o^)。木管のソロの部分は、もうちょっと歌って欲しかったけど!なに?出し惜しみしてるの?地区では「ここまで見せませんよー」ってやつなのかな(笑)?府大会の演奏、聴けるといいなあ!楽しみです!

課題曲:Ⅱ 自由曲:シンフォニエッタ第3番「響きの森」 福島弘和 

 

市岡の自由曲は、ヴェルディのレクイエム!!選曲がカッコいい!!超有名な盛り上がりの所なんて、オーケストラに負けないくらいの迫力と悲劇的な音で聴いていて唸りました。普段オケで聞いている曲を吹奏楽で聞くとガックリする事の方が多いのですが、そんな事は全くなく、さすが凄いなー!と思いました。が、弱奏の部分でちょっと緊張が切れ気味だったような…。聴いているこちらも、ボーっとしてしまう所がありました。(あくまで私がボーっとしちゃっただけなんだけど。)

課題曲:Ⅱ 自由曲:「レクイエム」より G.ヴェルディ(編曲 福田洋介)

 

国際滝井の演奏は、もうね、途中、「機械かよ!」と突っ込みたくなったくらい正確で美しい!すごい人達(高校生)がいるもんです(笑)。全体的にこじんまりとした演奏なのですが、出すところは出す、引くところは引く、とすごい引き締まってる。ひょえ~と舌をまきました。課題曲も3番と、難しそうなやつなのに非常に気持ちよくまとまっていました。去年も確かワルツみたいな課題曲で、美しかったような?とにかく、技術が高い!国際会議場ではどんな風に聴こえるのか楽しみです!

課題曲:Ⅲ 自由曲:バレエ音楽「ガイーヌ」より A.ハチャトゥリアン(編曲 林 紀人)

 

追手門大手前は、金賞常連という訳ではなくノーマークだったのですが、最初から「お!いいぞ!」となって、要所要所「おお!いいぞ!いいぞ!」となって、最後の金管のコラールがひじょーに美しくまとまってて「これは、代表いったかも!!」と思いました。フォルテの音量も申し分なし!わお~~♡でした。府大会も頑張ってくださいー!!

課題曲:Ⅱ 自由曲:プラトンの洞窟からの脱出 S.メリロ

 

常翔学園の演奏は今日イチ音がデカかった!!!(笑)好きです(笑)。音がデカいといっても、バッチャンバッチャン頭を叩きつけるような音ではなくて、ここぞのラストで「ホールいっっっぱいに音が広がる」という、最高な音のデカさでした。演奏終了後にもキーンとホールが鳴っていたと思います。去年は、ラストのフォルテでへばっていて「頑張れ~~あとちょっとだ~~」と応援していたのを覚えていますので、すんごい進歩をしたんだと思います。まあ、審査員的には「デカすぎ!」という評価かもしれませんね(笑)。マイナス案件もポロポロあったかなぁと思いますが府大会ではその辺り修正して臨んでくれるんじゃないかな!楽しみです!

課題曲:Ⅳ 自由曲:鳳凰が舞うー印象、京都、石庭、金閣寺 真島俊夫

 

半日本当に楽しませてもらいました。コンクールは本当にどの学校も気合の入り方が違うので、クオリティが高くてやっぱり最高ですね。銀賞、銅賞というところも、音を外しまくるとか、崩壊しかけ、とかそんな演奏では全然なくて、「あー!あとちょっと」という感じでした。次は府大会聴きに行きます。府大会レベルになると、もう全国レベルですからね(笑)。楽しみ~\(^o^)/

 

オマケ

府大会にシードであがってくる学校名を見るだけで「もう大会せんでもよくない?」といつも思う(笑)。でもそういう学校の気合の入ったクオリティ高ーーい演奏を聴けるのが幸せなので大会はやっぱりしてほしいと思う(^o^)。

 

【シード校】

箕面自由学園高等学校:去年の歌の入った自由曲素敵だった~~♡

大阪桐蔭高等学校:もう私の中では推しのアイドルっす♡

関西創価高等学校:金管のゴリゴリのん楽しみにしてます♡

東海大学付属 大阪仰星高等学校:聴いたことないので聴きたい!

近畿大学付属高等学校:去年の「アウディビ」バキバキカッコよかったっす♡

明浄学院高等学校:聴いたことないのですが、去年府大会での演奏がスゴイ!と噂になってましたね。聴きたい!

 

そして府大会すらシードの

大阪府立淀川工科高等学校!:特別演奏楽しみです!

f:id:funkeystomusic:20190729124347p:plain