English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。

音楽

音楽から感じるイメージを伝えます

「足りない」美しさ:ラフマニノフ交響曲第二番第三楽章

ラフマニノフはピアノ協奏曲で有名ですが、交響曲第二番もとても美しいですよね。特に第三楽章は西洋のおとぎ話の世界そのままと言った感じで、今、自分がゴミゴミした小汚い部屋に居ようとも、瞬時に別世界に連れ去ってもらえます(?)。 色としてはこんな…

バイオリン協奏曲を聴いて思ったメンデルスゾーン、チャイコフスキー、ブラームスの人となり

バイオリン協奏曲を聴いて頭に思い浮かんだことです。曲の説明とかじゃないです(笑)。あくまで音から感じるイメージのみの話。 メンデルスゾーン チャイコフスキー ブラームス メンデルスゾーン あぁぁぁ。出だしからダサカッコイイ!ダサい、土臭い、メロ…

令和初日に思い浮かんだ一曲:A musical piece that came up to my mind on the first day of 'Reiwa' era

【日本語】昭和初日に思い浮かんだ一曲 【English】A musical piece that came up to my mind on the first day of 'Reiwa' era 【日本語】昭和初日に思い浮かんだ一曲 新しい時代が始まりましたね。私は、割と何も特別な事もせずにシレっと新しい時代の幕開…

久々にクラッシック音楽を聴いて思った事

最近は、自分の中のアンテナが完全に「英語」に向いており、あまりクラッシック音楽を聴いていませんでした。音楽は、なにかしら聴いておりましたがクラッシック音楽は聴いてなかったんだよね。何か作業をしながら聴く音楽は、作業がはかどるようなものがい…

ハイドン!!

ハイドンの美しさにようやく気付きましたヨーコです。 フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの事です。はい。交響曲の父です。 ここ数年クラッシック音楽に目覚めて、あれこれ聴いていましたが、どうにも「ハイドン」の良さがよく分からん…。という事であまり彼の曲…

楽しかった!1000人の吹奏楽 with 淀工

先日、こちらの演奏会に行ってまいりました。 はーー♡!楽しかった!!! びわ湖ホールは、その名の通り、琵琶湖にあります。もう、目の前が琵琶湖!ホールは琵琶湖に面した部分はガラス張りの作りで、美しい琵琶湖の景色が一望できるんですよねぇ。素敵!大…

最近の鬼リピ:獣ゆく細道 椎名林檎✖宮本浩次

最近テレビで「あ!宮本さんや!」と思って、流れるPVを見てたんですよね。それが「獣ゆく細道」だったんですけど、テレビだし音がイマイチなうえ、ほんのチョコッとだけだったし、林檎さんの声しか聞こえないじゃんこれ…?と思って、うーん、興味がイマイチ…

ドボルザーク:ユーモレスク第7曲(チェロバージョン)

スズキメソッドの教本を使ってチェロを練習していますが、Book 3 になると「おお!」と唸りたくなるような素敵な楽曲を練習することが出来ることに最近気づきました。(やっとBook 2がそこそこ弾けるようになってきた!) 中でも、「うわ~♡弾きたい♡」とワ…

最初から最後までカッコイイ:ウィリアムテル序曲

今年は、甲子園にどハマリしていたのですが、試合中に演奏される吹奏楽の演奏も、毎回楽しみにしておりました。中でも楽しみだったのが「ウィリアムテル序曲」でした。めちゃめちゃ難しそうな曲を、あんな屋外のワサワサしたとこで、バッチリ演奏しちゃうって…

楽しかった!マーチングコンテスト観覧:2018年大阪府大会

昨日は、マーチングコンテストを見に行きました。初めてのマーチング観覧でした。日本の高校生のマーチングはレベル高いから、行く前からワクワク。府大会ですが、大阪は府大会レベルでもきっとすんごいに違いないし! 朝、10時ギリギリに会場に到着。外で、…

チャラい楽器

最近、吹奏楽のコンクールの演奏をよく聴いています。上手いところは本当に上手い!鳥肌もん、です。こういったコンクールものは、やっぱり音程とかリズムとか正確さが大前提でそれがバシっと決まる美しさと迫力がたまらん! でも、コンクールものじゃない吹…

ひれ伏そう

エレカシのニューアルバムについてきたDVD 宮本さんが 大暴れして 頭抱えたり ネクタイグッっとゆるめたり 胸をはだけたり カメラに近づきすぎたり 両手つきあげたり グー!って親指立てたり 急にシリアスな顔したりして 好きになり過ぎそうなので 見るのは1…

最近の鬼リピ:「エレファントカシマシ Easy Go」

最初から最後まで汗と涙と泥んこと希望全開の歌。 胸にズキュンですよ。 RESTART も熱かったけど、もっと熱い。 最初は 力いっぱいの歌、演奏に うぅぅぅ…… ってウルウルしてきて 何度も聴いてるうちに うおーーーーー!!!!!! ってなる。 昨日はみんな…

「ロックだぜ!」なクラッシック3選

クラッシック音楽でありながら、私の中ではロックの仲間に分類される曲達を紹介したいと思います。 ベートーベン:ピアノソナタ第14番「月光」3楽章 血がたぎる。 右手がちょっと落ち着いてる時も、左手がずっとたぎってる!!!血管の中の血がグツグツと…

チェロ:岡本侑也さん ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第一番

昨日は、関西フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会にて、岡本侑也さんの演奏を聴きました。 ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第一番は、ロストロ(ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ)さんの為に書かれた曲で、ほぼ狂気と言っていいくらいの力強さと音の…

ショパンは「あり」か「なし」か

先日、お友達とアマオケのコンサートに行きました。アマオケのコンサート行くのなんていつぶりだろう!音楽は大好きだけどコンサートにはあまり行かない私。なんかね、会場に閉じ込められる感じが気になっちゃう時があるんですよね。閉所ってわけでもないん…

最近の鬼リピ:セーラームーン他

最近の鬼リピは、娘がハマって聴きまくっているアニメソング達です。 娘はなんか知らんけど古いもの好きで、どこで情報をゲットしているのか知りませんが、昭和感漂うものを好んで聴いています。 セーラームーンのムーンライト伝説 まずはセーラームーン。 …

最近の鬼リピ:「千本桜」まらしぃさん、H ZETT Mさん

コロさんの記事を読んで、また千本桜ピアノバージョンにハマってもうた! www.coro56.com もともと「H ZETT Mさん」の千本桜が大好きでよく聴いていたのですが、今回ご紹介いただいた「まらしぃさん」のんも聴いてみたら全然違っててこちらもとても素敵だ!!…

最近の鬼リピ:マーラー交響曲第一番

マーラー 交響曲第一番 「巨人」というタイトルがついていますね。 この曲のどのあたりが「巨人」なのかは、私的にはよく分かりませんが、きっとウィキったら色々ウンチクがあるんでしょうね! 気になる方は飛んで見てください。 https://ja.wikipedia.org/wik…

クラッシック音楽。こんなふうに感じる。

クラッシック音楽を聴いている時、頭の中に色々な風景や色、香りが浮かんできます。 例えば ブラームス 交響曲第四番第二楽章 森の中。夕方。オレンジがかっている。季節は秋。落ち葉を踏みながら恋人になれない二人が歩いている。。。 とか モーツァルト ピ…

作曲家と壁ドン

ベートーベン ブラームス チャイコフスキー モーツァルト 音楽を聴いている時、その曲を作った人の世界観のようなものを感じて「いいわ~」とか「分かるわ~」となる時がありますよね。特に歌詞があるとその人がどんな風に思ってこの曲を作ったのか、ある程度…

聴き比べ チャイコフスキー:バイオリン協奏曲

チャイコフスキーのバイオリン協奏曲は情熱的で大好きです。 今回は特に「ソロって本当に凄いよなあ」と思いながら聴きました。 3人のソリストの聴き比べです。 ネマニャ・ラドゥロヴィッチ バッハですら色を感じる風に弾いちゃうネマニャさんだから期待して…

最近の鬼リピ「Lady Gaga : Born This Way 他」

Lady Gaga 日本では、「奇抜な人」「激太りした人」のように取り上げられる事が多いですけど、彼女の歌、好きです!(特に声が好みなんですよね~) 新しいアルバム Joanne も良いですけど、懐かしの歌を鬼リピ中! ①Born This Way 以前AUのコマーシャルで使わ…

最近の鬼リピ 「エレファントカシマシ RESTART他 」

その時々で、ジャンルも曲風も全くまちまちに、魂にズキューンときたものを鬼リピして聴いてしまいます。 今回は、エレファントカシマシの「RESTART」です。 今回はクラッシックでもない。(笑) この曲は1回聴いただけで魂打ち抜かれました。 声◎ 歌い方◎ 歌…

聴き比べ:モーツァルト交響曲第40番

有名な交響曲ですよね。ト短調です。明るい曲というよりは、深く考えさせられるような美しさが際立っている曲かなーと思います。私はいつも「音が重なっていく様が秀逸!」と思いながら聴いています。モーツァルトの曲で音が重なっていく場合、追いかけるよう…

威風堂々 第一番

月に一度、音楽をめっちゃ堪能したくなる時期がやってまいりました。 いつも大体新月から半月になる頃ですよ! この頃はいつもテンションがちょっとおかしいよ!笑 今回は、ちょうど先週、吹奏楽の演奏で聴く機会のあった「威風堂々 第一番」を紹介したいと思…

聴き比べ:ベートベン 交響曲第九番~我が人生間違ってはいなかったと思える曲

ベートーベンの交響曲第九番は、本当に素晴らしいです。1,2,3、4楽章、どれも良いです。中でもやはり4楽章ですよね。 今回の聴き比べは、主に4楽章の感想です。1楽章から書き出すとドえらく長くなりそうですので! ※貼り付けてあるAmazonの商品とYo…

聴き比べ「ベートーベン:交響曲第七番」 エネルギーが漲ってきている時に聴く曲

私は、新月を迎えて、その後満月に向かって月が満ち始める頃、やたらとエネルギーが漲ります。体力が無いので「無駄にテンションだけ上がって困る期間」なのですが、内なる叫びは抑えられないのだからしょうがない。 こんな時に聴きたいのは ベートベン交響曲…

ブラームスからのメッセージ:交響曲第四番

今日は私にとって一番大切な曲、ブラームスの交響曲第四番を聴きたい気分です。 以前、第二楽章について「大人の愛」という表現をしましたが、第四番は全体を通して、大人なんですよね。第二番のイケイケなお祭りのような時代は過ぎ去って、ブラームスがたど…

ヘビロテで聴きたくなる:吹奏楽コンクールでの演奏

ここ数日、吹奏楽コンクールで演奏されたものをヘビロテで聴いてます。特にこちら 東関東大会 作新学院による 富士山~北斎の版画に触発されて~ まず高校生でこのレベル…そしてこれでも全国大会に行けない… という衝撃。吹奏楽の世界はどないなってんねん?…