English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

カウンセリングを受けて

昨日は、電話でカウンセリングを受けました。

私は基本的に安定を好む傾向にあるので、変化の多い春は何とも落ち着きません。ですので、毎年この時期にカウンセリングを受けたくなります。カウンセリングを受けているときは、どんな話をしてくれるのかなと、ただただ耳を傾けています。自分が話すより聞いている時間の方が長いです。質問があればしますし、伝えたいことがあれば伝えますが、自分の問いに答えてもらう為のカウンセリングというより、相手の話の中に自分にピンとくるものがあるかな、とじっくり話を聞くような形が私のカウンセリングの受け方です。そして、聞いている時にはサーっと流れていった話でも、あとで心に引っかかってくるものがいくつか出てきます。

その引っかかった話を大切に心に留めておくことにしています。

 

昨日のカウンセリングで心に残ったのは「心と体の話」でした。

(「心と体の話」としましたが、カウンセリング業界の「心」と「脳」の定義の違いがよく分からないので、もしかしたら「脳と体の話」なのかもしれません。)

心が作り出す病について、まあ、もちろん「病は気から」という事は否定できない事実だよなあ、という事くらいは以前から分かっていましたが、もう少し明確に、じゃあ、自分で病気を作り出さないためにこういう事をしてみよう!と思い当たったわけです。

 

病気は様々な要因でなるものだと思っています。

体は消耗品ですから劣化していくし、自分のあずかり知らぬところで病気の芽が顔を出す、という事はなかなか避けられないでしょう。なので病気をこれで防げる!みたいなミラクルは無いと思ってます。少なくともそう単純ではないと思っています。でも、どうせそうはいかんのだ、と諦めずに「自分でできる事」に焦点をあてて、「自分で病気を作り出さない」ようにしてみようと思ったという事です。

 

私がよく経験するのは「悪い病気になるんじゃないかなと不安」とか「嫌だな~と言うことを目の前にすると具合が悪くなる」とか「パニックがおきる」とか「やる気がでない」など。若い頃は、あまり無かった事です。まあ、若い頃は体調が悪いなんて日はあまりないし、自分が輝くようなイベントが多いし、失敗してもそんなに責任感じないし、ここに書いたような症状に陥らなかったんですよね。

 

年を重ねてくると、なんか知らんけど体調が悪い日が続いたり、先行きなにかと不安だったり、情報処理能力が低下してきて失敗が増えたり、失敗に対処するのも下手になってきて、これって誰のせいにもできないよね~って場面が多くなって、とにかく気分が下がりやすい。すると、この先このままいってどうなるの?病気になって死ぬだけだよね?ぐらいしか思い浮かばなくなって、そりゃ、楽しい気分にもなれないわけです。もちろん、家族や友達と過ごす時間で楽しい!と思う時はあります!でも、そういう楽しい時間でない時のテンションが常に曇天。なんですよね。

 

ま。しょうがないよね。

それが年取るってことよね。

 

と思っていたのですが、この「テンションが常に曇天」が体にどんな風に影響を与えるのかな。と昨日は深く考えさせられたのです。

当たり前ですが、良いわけない。って思いました。

だってストレスだもん。そういう状況。

 

そもそも、あちこちガタがきて大変なのに、更に自分で体に負荷をかけるようなマイナス事案をもちこんどるやないかい!と。

 

それはいかん。

 

ということで

「自分で防げそうな病気因子は取り除いていこう!」

大作戦を開始する事にしました。

 

私の場合

①「悪い病気になるんじゃないかなと不安」

②「嫌だな~と言うことを目の前にすると具合が悪くなる」

③「パニックがおきる」

④「やる気がでない」

 

こういう風に思うのをいくらかでも減らそう。という事になります。

 

これ、よーく見てみると②~④は結局同じ事が起因している気がしますね。

②~④がよくおこるのは

 

やらなければならない事を後回しにしている時

 

なので。

 

やらなければならないけどイヤ。で具合悪くなる。

後回しにしてたから急に切羽詰ってパニックに陥る状況を作り出す。

やらないといけない事が気になって他の事が楽しめない。

 

って事ですから。

 

私の場合、混沌としているとそれがストレスになるようですね。

でも、性格的にはテキパキしていないし、気分にムラもあるので、混沌を生み出さないように物事を進めるのがとても苦手。滞っている事の方が多い。そして滞っている事に心が侵食されていく、という流れのようです。

 

「心に素直に従う」「心が喜ぶことをする」事がストレスを回避する!

という謳い文句がありますが、それも時と場合による。

という事でしょう。

 

「やりたくないからやらない」事は「心に素直に従っている」わけだけど、それが後々私の別のストレスになっているわけですから。

 

なので

やらなければならない事はサッサとする!

が②~④回避の為の第一の行動ですね。

すげーシンプル。(笑)

 

私は、やらなければならない事はサッサとする!のが苦手だ。

という事も心に留めておきます。

なんでできないんだ~~~!

という新たなストレスを回避するためです。

苦手なの。だからうまくいかなくてもしょうがない。

けど、やらないと後でストレス爆発するから1こ1こ潰していこうね。って。

 

①は②~④がうまくいけば、少し軽減されるんじゃないかなと思います。

「自分で作り出すストレスを減らしてるから、きっと体にも良い影響があるよ。」

って思えるから。

 

混沌がストレスだなー!って事、もう一つ思い当たるフシがあります。

私は探し物をしている時にすごくイラつきます。

物がどこにあるか分からないとそれだけでストレスだし、探している時間が勿体無い!なんて不毛な時間を過ごしているんだ!!とすら思います。

 

最近、収納棚の中や引きだしの中がグチャグチャでずっと気になってたんですよね。

それを、昨日、「部屋片付けると頭の中もスッキリするよ」と言われて、

そうやったー!しようしようと思ってたのに後回しにしてた!!頭の隅っこにずっと引っかかっててストレスだったー!!!って。

 

うん。

こういう事だよね。

こういうのが溜まって病気の引き金になるんだよ。

 

 

そう。それと。

サッサとやる事によって新たな時間を(今まで死んでいた時間分。どうしよう~。やだな~。でもやんなきゃな~。でもやだな~。って思ってた時間分。)生み出してくれるということ。時間も体力も無いし…って諦めてた事がその時間で出来るかもしれないよね!

 

カウンセリングでは、目新しい答えやビックリするお告げのようなものを期待するけど、当たり前の話の中にもジワーっと腑に落ちるものがあるなあ。といつも思います。

今回も、お話有難うございました^^

 

※カウンセリングのお問い合わせはこちらへ→ pownet* さん pownet3@gmail.com

 

今年度は

「やることはサッサとやる」

を心がけて頑張るぞ~!

 

 

 

 

f:id:funkeystomusic:20180419130117j:image

とりあえず、ここ。(笑)

 

f:id:funkeystomusic:20180419130131j:image

スッキリー(^O^)