English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

英作文を書く時に気をつけること

英検やGTECで英作文を書く時には、まず、お題に対する自分の「意見」を決め「それをサポートする具体例」をだす必要があります。今日は、その意見の選び方、具体例の出し方を中心に英作文を書く時に気をつけることについて考えてみましょう。

 

 

課題をタイプ別に見る

課題をタイプ別に見てみましょう

 

課題1:高校生がアルバイトをすることについて、あなたはどう思いますか。身近な事例を含めて、あなた自身の考えを書きなさい。

 

課題2:あなたが今、「やってみたいこと」や「やっておくべきと思うこと」について、自分の考えを書きなさい。

 

 

課題1 二者択一

課題1は、二者択一のお題ですね。「賛成反対か」の二者択一です。「どう思いますか?」と聞かれていますが、「こういう所は良いと思うけれど、こういう所は良くないと思う」と、どっちつかずの作文にしてはなりません。

 

二者択一の問題は、メリット、デメリットが両者に必ずあります。それを、ごちゃまぜに取り上げて「良い点もあるが良くない点もある」にしてはダメで、必ず一方のメリットだけを取り上げる、もしくはデメリットを譲歩として出してから、それを部分的にでも打ち消し、メリットを際立たせる という構造で英作文を考えます。

 

高校生がアルバイトすることのメリット、デメリットを考えてみましょう

 

メリット、デメリット

●メリット

①コミュニケーションスキルを磨くことができる

②お金を稼ぐことの大切さを知ることができる

●デメリット

①勉強時間に専念できない

②学生時代にしか経験できないことをするべき

 

メリット、デメリットを活かした構成

 

ダメな例)

「コミュニケーションスキルを磨けるのは良いが、勉強時間が減ってしまう所はよくない。だから、高校生のアルバイトについては良い点もあるが悪い点もある」

 

良い例①)メリット+メリット

「コミュニケーションスキルを磨けるので、良い。その上、お金を稼ぐことの大切さを知ることもできる。だから、高校生のアルバイトには賛成だ。」

 

良い例②)メリット+デメリットによる譲歩、そして打ち消し

「コミュニケーションスキルを磨けるので、良い。勉強時間が減ってしまう所はよくないかもしれないが、人生において勉強が1番というわけではない。だから、高校生のアルバイトには賛成だ。」

 

二者択一の課題は、意見がどっちつかずにならない!という事がとても大切です。

 

課題2 色々な意見がでる

課題2は、星の数ほどある候補から「1つを選び取る」タイプですね。ですので、答えとなる意見のバリエーションも星の数ほど出てきます。こちらの方が、英作文に難儀する印象があります。1つに選べない!と選び取るまでに時間がかかり過ぎる生徒さんが多いですからね。こういう場合は、説得力のある具体例が多く挙げられるものを選ぶのが無難です!本当に自分の思う通りの意見があり、それに関する具体例が沢山あり、論理的に語れる!という場合は良いですが、そうでない場合は、説得力のある具体例を出しやすいものを選びましょう。

 

そうはいっても、自分の意見と全く違うことは作文に書きたくない…、という思いもあるでしょう。今回は、「意見は決まってる!それに関して説得力のある構成で英作文を書きたい!」という場合の作り方を見てみましょう。

 

 

「今やってみたいこと」を娘に聞いてみると「アパレルショップの店員!」という答えが返ってきました。この「意見」を作文にする場合の、説得力のない構成と説得力のある構成を見てみましょう。

 

説得力のない構成

 

理由:洋服が好きだから

具体例:毎日、洋服に囲まれてて楽しそう!

(他の理由は思い当たらない)

 

と、娘の作文はこういう展開になりました。

論理的な破綻はありませんが、大変貧弱な英作文と判定されると思います。

 

説得力のある構成

説得力のある構成を目指すなら、理由は2つ以上必ずほしいです。そしてそれをサポートする具体例は、これまた説得力のあるものが複数ほしいですね。説得力のある具体例とは、簡単に言うと「フィーリングじゃない具体例」です。

 

フィーリングじゃない具体例は、どうやって出すのか?今回は「なぜアパレル店員に魅力を感じたか」の説得力のある具体例は、どうやって出すのか?がポイントになりますね。

 

「アパレル店員の魅力」について、説得力のある具体例を出せるかどうかは「アパレル店員の仕事」をどれだけちゃんと知っているか!にかかっています。

 

何となくのイメージしかないものについて説得力のある話は出来ないわけです。

(当たり前ですね)

 

なので今回でしたら「アパレル店員ってどういう仕事?」をまず掘り下げる必要があります。

 

アパレル店員の仕事

 

●洋服を売っている

●お洒落な格好をして仕事をしている

 

ここまでは簡単に出るでしょうね。でもここまでだと理由は1つ、具体例もショボイ英作文になりますので更に考えます。

 

●色々なお客さんに洋服をすすめる

●ファッションのアドバイスをする

●店の掃除をする

●洋服を出したりたたんだりする

●レジをする

●ノルマがある

●夜遅くまで仕事をしている

 

この辺まで出てくると、「アパレル店員の仕事」が見えてきた気がしますね。(あくまで、外から伺い知れる仕事ですが)。

ここまでくれば、説得力のある構成のほとんどが出来上がったといっても過言ではありません。

 

この「仕事内容」から自分が得られるであろうメリットが「その仕事の魅力」となりますので、次は、この仕事のメリットを考えてみます。

 

アパレル店員をすることのメリット

 

●洋服を売っている

●お洒落な格好で(新作のデザインの服を着て)仕事をしている

→大好きな洋服と沢山触れ合える。ファッションセンスが磨かれる。

 

●色々なお客さんに洋服をすすめる

●ファッションのアドバイスをする

→接客の勉強になる。コミュニケーション能力が向上する。

 

●店の掃除をする

●洋服を出したりたたんだりする

●レジをする

→地味な毎日の仕事の大変さを体験することができる。

 

●ノルマがある

●夜遅くまで仕事をしている

→(メリットなさそうですが!無理やり作るなら)

自分が追い込まれた時にどのように対処すれば良いのか、の練習になる。

(なんだそれ。)

 

このようにメリットを考えて、一般的に多くの人に納得してもらえそうなものを採用して英作文にします。

 

説得力のある構成

 

理由1:大好きな洋服に囲まれて仕事できる。

具体例:新作のデザインを知ることが出来るし、着てみることもできる。毎日、服に囲まれているとファッションセンスも磨かれる。

 

理由2:コミュニケーションスキルが向上する

具体例:悩んでいるお客さんに、どのようにアドバイスをすれば納得してもらえるのか、どのタイミングで声掛けをすれば不快に思われないか、などの接客のスキルを通してコミュニケーションスキルを上げることができる。

 

 このぐらいの量で説明すると「なるほど~。そうですよね~。」の構成になりますね。

 

まとめ

英作文を書く時に気をつけることは

 

●課題が「二者択一」か「色々な意見が出るもの」かを見極める

●「二者択一」のものは、賛成か反対か、の意見を表明し、ブレずにその理由を展開する

●「色々な意見が出るもの」は、情報を沢山もっているものを「意見」として選び、その情報から「その意見のメリット」を探り、構成を考える

 

そして今回は触れていませんが

●英作文の「型」に当てはめる

のも大切です。

①意見を述べる

②理由1+具体例

③理由2+具体例

④再度意見を述べる。

という、順番に書くということです。

 

そして、当たり前なのですが、みなやってしまうので書いておきますが

●同じことを何度も言わない!!!

これも、とても大切です。語彙を変えて同じようなことをいう「言い換え」というやり方もありますが、言い換えた事によって説得力が増す場合には有効ですが、そうでない場合は「何回同じこと言うねん!」と印象はあまりよくありません。

 

 

このような事に気をつけて、英作文を書いてみてくださいね。

 

このレベルの理由と具体例が3つ出れば、200語レベルの英作文が可能です!英検準一級の語数(120-150語)を超えますね!