English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

【英検準二級】最低限の英検ライティング①(中2レベルでも大丈夫)

英検準二級は、まだ字数が少ないので英検ライティングの基本フォームを少し簡潔にして使います。全体で50-60語になるように作っていきます。

 

 

英検準二級基本フォーム

①導入部分

②理由1 理由2

③結論部分

 

①と③は書き方が決まっていますので、実際、英作文で大切なのは②の理由を述べる部分のみです。 

 

①と③の書き方はこちらへ

funkeystomusic.hatenablog.com

 

 

ではどうやって作るのか見てみましょう。

 

お題

Do you think we can learn better with friends than on our own?

「自分ひとりで勉強するより友達と勉強する方がより良く学べると思いますか?」

 

まずは、ブレインストーミングしてみましょう。

 

ブレインストーミング

 

どちらか一方のメリットを断片的でいいので出していきます。一般的なことで良いです。自分がそう思っているかどうかは関係ありません。

今回は「友達と勉強する方がより良く勉強出来る」という方をとってみましょう。

 

友達と勉強するメリット

①アイデアシェアできる

②難しい問題を聞ける

③楽しい

④飽きない

⑤長く勉強できる

⑥友達と一緒に勉強するとやる気になる

 

これくらい出れば十分過ぎる程十分です。

最初の4つくらいでも十分です。

実際、最低限の準二級ライティングでは、この理由部分で使う語数は30~40語くらいですので、パッと思いつくものだけで、ほぼまかなえます。

 

英語にする

最低限の文法事項

英語にする時に使う文法は、英検準二級でしたら高校生の内容(1,2年)まで含んでいてほしい所ですが、最低限の英検準二級ライティングとして必要な文法事項は中学生までのもので十分です。

 

特によく使うのは

①接続詞の文

②不定詞・動名詞

③比較

※関係代名詞も使えるにこしたことはありませんが、使えなくても何とかなります。

※現在完了形もほとんど使いませんのでご安心を。意見を述べるタイプの英作文では現在形、過去形、未来形がシンプルに使いこなせれば十分です。(実際使うのは、ほぼほぼ現在形だけです。)

※比較も、ごくごくシンプルなものだけで十分です。

 

気をつけること

①断片的なアイデアを使って文章にする時は、必ず主語をおきましょう。

主語は基本 we にします。自分のエピソードとして述べる時は I です。不定詞の文の仮主語を置く時はit 、既出のモノやコトを主語にする場合、単数なら it / 複数なら they にします。そして動詞を置き、文の形にしましょう。主語と動詞が無いものは文の形になっていないのでNGです。

②名詞が出てくるときは、数に気をつけます。数えられる名詞を裸のまま(冠詞や所有表現をつけなかったり、複数形にせずに)使うことはありません!

 

 

英訳例

①アイデアシェアできる

We can share ideas with friends. 

(超単純なSVOの文)

(idea  / friend を複数形にしています)

 

②難しい問題を聞ける(難しい問題の解き方を聞くことができる)

We can ask about how to solve difficult questions.

(how to +動詞の原形→~の仕方 はとても便利ですので覚えましょう【不定詞】)

(question を複数形にしています)

 

③楽しい

It is fun to study with friends.

(仮主語をおいた形の不定詞の文。これもメチャメチャ使えるので覚えましょう【不定詞】)

(friend を複数形にしています)

 

④飽きない

We don't get bored.

(get  bored で 飽きる状態になる の意。)

 

⑤長く勉強できる

We can keep studying longer than on our own.

(keep +動名詞 ~し続ける。 longer than~  ~より長く 【動名詞】【比較】)

 

⑥友達と一緒に勉強するとやる気になる

We get motivated when we study together.

(get motivated で やる気のある状態になる の意。SV when SV という接続詞の文。when と if を使う接続詞の文もメチャメチャよく使うので覚えましょう【接続詞】)

 

これらの文を語数の指示に合うように切り貼りして文を構成します。

理由の1つ目は First,  理由の2つ目は Second, と始めます。

1番短い文の例はこんな感じでしょうか。

(最初の断片的なアイデアの①②③⑤を使いました。)

 

First, we can share ideas with friends and ask about how to solve difficult questions.

Second, it's fun to study with friends, so we can keep studying longer than on our own.(32 語)

 

完成した文

導入部分(緑色)と結論部分(青色)を付け加えて作文を完成させます。

 

I think we can learn better with friends than on our own.

First, we can share ideas with friends and ask about how to solve difficult questions.

Second, it's fun to study with friends, so we can keep studying longer than on our own.

For these reasons, I think we can learn better with friends than on our own.

(59語)

 

まとめ

単純な理由を数個思いつくだけで良いし、英語にするときの文法もそんなに難しくなくても大丈夫、と分かって頂けたでしょうか。そんなに難しくない、けれど何度も練習しないと小さな間違いでポロポロ減点されますので、練習はしっかりしておきましょう。そもそもここで紹介した作文のレベルは「最低限のライティング」ですので、細かな文法ミス、スペルミスを重ねると合格ラインを下回ってしまいますのでご注意を!