English+Music

英語ネタ、音楽ネタ、その他諸々雑記にて。英語ネタでは英検やGTECのライティングを中心に投稿。

【英検(R)1級】英検公式さんの英作文解答例を分析してみよう⑤(2017年度第二回)

なかなか英検1級に踏み出せないでいる準一級所有者の方、いつか英検1級を目指してみたいと勉強をしている方へ、出来るだけ分かりやすく、「何とか書けるかも。」と思ってもらえるよう分析していきます。英検公式さんの解答を見て「こんなの無理!書けるわけない!」と思った方に分かるように、と解説していきたいと思います。

 

英検(2017年度第二回)分の公式さん発表の解答例を細かく分析していきましょう。今日は理由3+結論の部分です。

 

 

まずはスラッシュを入れていきます。

 

※こちらより引用して使っています

http://www.eiken.or.jp/eiken/result/pdf/2017021kyu.pdf

 

スラッシュリーディング

 

①Lastly,/ immigrants contribute to developed countries' economies / by supporting pensions. ②Pension systems / in countries with aging populations / will cease functioning  / as fewer and fewer people / pay into them. ③Immigrants often spend years / paying into pension systems, / making an enormous contribution. ④Some of them / even return to their original countries / without claiming the benefits. ⑤This makes more money available /  to retirees  in host nations / and is an invaluable economic advantage.

 

⑥Immigration can enrich developed nations / both economically and culturally. ⑦These nations must welcome immigrants / if they are to prosper / in the coming decades.

 

何となく文の形が見えてきましたか?

 次はもう少し詳しく文の構造を見てみましょう。

 

文の構造

 

赤字が主語部分、青字が動詞部分

※訳は直訳しています

 

理由3

①文目

①Lastly,/ immigrants contribute to developed countries' economies / by supporting pensions.

(最後に、移民(してくる人々)は、年金を支えることによって、先進国の経済に貢献してくれる。)

 

※ countries' economies とありますから、ここでも一つの国の話では無い事が分かります。自分で英作文をしていると、肝心の単語が単数になったり複数になったりしてしまい、話に一貫性がなくなる事が多いので気をつけましょう。

 

②文目

Pension systems in countries with aging populations / will cease functioning  / as fewer and fewer people pay into them.

(高齢化する人々を抱える国々の年金システムは、年金の掛け金を払い込む人々が段々と減っていくのにつれ、この先機能しなくなるだろう。)

 

※pay into~ 「~(口座など)に払い込む」

 

as を接続詞として使っています。「~につれて」という比例の用法です。 

※英検公式さんの英作文解答例を分析してみよう③で説明したものと同じasの使い方です

as , .

もしくは

as

するにつれ、する。)

 

③文目

Immigrants often spend years / paying into pension systems, / making an enormous contribution.

(移民は、しばしば、年金のシステムにお金を払込みながら年月を費やし、(そのシステム稼働に)大きく貢献してくれる。)

 

●分詞構文ですね。付帯状況を表す表現でしょうね。(making 以下の部分)

①同時を表す表現 か ②動作、出来事の連続を表す表現 か、どっちなのか?はよく分かりません。

いずれにせよ、付帯状況を表す表現ですので「移民が年金の為の積立金を支払いつつ年月を過ごすこと と それがシステムに大きく貢献していること」が、くっついて起こっている、という事ですね。

 

※spend+時間+動詞ing  →「~して時間を過ごす」

spend years paying into pension systems →年金システムにお金を払い込んで何年も過ごす→何年も年金システムにお金を払い込む

※enormous →「莫大な」

great と言わずに enormous というのが一級風。

 

④文目

Some of them / even return to their original countries / without claiming the benefits.

(彼らの中には、利益を要求することなく、自国に戻る人さえいる。)

 

※claim~ →当然の権利として~を要求する

※original countries →もともと自分が住んでいた国

 

「移民」というと、よその国に移り住む人々の事を指すんですけど、その時に国籍も変えたり、その国に永住するかというと全員がそうするわけではないんですよね。何年か住んで、自分の国に帰っちゃう人もいる。その時に、払い込んだお金を「将来この国で年金もらわないから払った分返して!」と言わずに帰っちゃう人が居る、っていう話ですね。

そういうお金を当てにするってどうやねん?と思いますけど。笑。 

 

 ていうか、申請したら返してくれるのかな?

その辺りのシステム分からんわ~。

 

こちらに載ってました↓

日本に住む外国人の年金はどうなる? [年金] All About

 

⑤文目

This makes more money available to retirees / in host nations / and is an invaluable economic advantage.

 (これは、移民を受け入れていた国の退職者に、より多くのお金を使えるようにしてくれるし、計り知れないほど貴重な経済的なメリットだ。)

(意訳:移民が払い込んでくれたお金をより多く、移民を受けれいれた国の退職者に使えるようになるし、経済的にすごいメリットがある。)

 

※this →移民が払った年金の返還などを要求せずに帰ってしまうこと

※host nations →移民を受けれいていた国々

 

だから、なんちゅうこと言うねん?笑。 

 

●make が作為動詞として使われていますね。

SVOCの形で 主語(S)が モノゴト・人(O)を ~(C)する

(Cに来るのは名詞、形容詞、過去分詞ですね。ここでは、形容詞のavailable がきています)

This makes more money available to retirees / in host nations

(これは、より多くのお金を使えるようにする。移民を受け入れた国々の退職者に対して。)

 

因みに辞書にこんな例文がありましたよ。

 

Simply put, Super V can make your sex life incredible.

(ズバリ言って、スーパーVはあなたの性生活を信じられないものにします《広告》)

ジーニアス英和大辞典より

 

なんか他に思いつかなかったんかーい。笑

 

結論部分

⑥文目

Immigration can enrich developed nations / both economically and culturally.

(移民(政策)は先進国を経済的、文化的に豊かにしてくれる。)

 

●3つの理由を経済的な側面と文化的な側面に分けてまとめていますね。

economically →理由1(労働力)理由3(年金システムへの貢献)

culturally →理由2(真の国際化)

 

⑦文目

These nations must welcome immigrants / if they are to prosper / in the coming decades.

(これらの国々は移民を喜んで迎え入れなければならない。もし、これから先に繁栄したいのならば。)

 

●be to 不定詞 の形が使われていますね。ここでは「意図」を表す意味で使われているようです。

if they are to prosper →もし彼らが繁栄する意図がある(繁栄したい)のなら

※ if they want to prosper とするより、グッとかしこまった言い方ですね。英作文向き。

 

※in the coming decades → (厳密に言うと)来る数十年後に→(ザックリ言うと)これから先

in the future よりカッコイイですよね。

「もしこの先もずっと繁栄していきたいんやったら、移民を受けれなければならん!」と脅迫的な文言で終了。 言い切ったぞ!感。

 

 

以上で「英検公式さんの英作文解答例を分析してみよう」シリーズ終了です。

案外、書けそうかも?と思って頂けたでしょうか。

内容と形が分かったところで、次はこの文を暗唱してみると良いですよ!モヤっと分かった気になったものを自分のものとして落とし込む作業ですね。

私もやります!笑

 

また、次回の1月のテストのあとに、その解答を分析していきたいと思います。

 

理由2はこちら

 

www.funkeys-english-music.com